B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

プラント配管工事で 日本の産業を支える
創聖管工株式会社 代表取締役 宇佐川聖

 
プロフィール 千葉県出身。プラント配管工事職人である父の背中を見て育ち、同業種の会社への入社を決める。高校の卒業式の翌日から勤務し、3年間経験を積む。その後、知人の立ち上げた会社に転職し、知識や技術に加え経営についても学んだ。2013年に個人事業主として独立。福利厚生を充実させるため、2018年に創聖管工(株)として法人化した。【ホームページ
 
 
 
発電所や化学工場を中心に、関東一円でプラント配管工事を手がける創聖管工株式会社。代表取締役の宇佐川聖氏は、一刻も早く仕事を覚えるため、就職した会社に高校の卒業式の翌日から勤務したほど熱心な職人だ。そして、スタッフにより良い環境を提供するため2018年に同社を設立。安全を徹底し、福利厚生も充実させ、資格の取得を支援するなど、仕事もプライベートも将来も満足できる会社へと成長させ続けている。
 
 
 

卒業式の翌日からプラント配管工事の仕事に

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 千葉真子(陸上指導者)
千葉 千葉県市原市を拠点に、関東一円でプラント配管工事を手がける創聖管工株式会社さん。さっそく、宇佐川社長が職人の道に進んだきっかけを教えていただけますか。
 
宇佐川 もともと、私の父がプラント配管工事の職人だったんですよ。その背中を見て育った私はものづくりに興味を持ち、母によると2、3歳の頃から「お父さんと同じ仕事をする」と言い張っていたそうです(笑)。やがて高校を卒業し、プラント配管工事を手がける会社への入社が決まりました。一刻も早く働きたいとの思いから、卒業式の翌日から勤務しまして。さまざまな経験を積み、この業界の良い面も悪い面も目の当たりにしてきました。
 
千葉 卒業式の翌日からですか! 宇佐川社長の熱意が伝わりますよ。独立に踏み切る転機となった出来事はありますか?
 
宇佐川 はい。入社してから3年後、「新しい会社を立ち上げるから来てほしい」と知人に声をかけられ、最初の社員として入社しました。そこで知識や技術に加え経営についても学びながら、現場で知り合った職人を次々と呼びスタッフ十数人の規模へ拡大していったんです。
 
千葉 人材育成や経営まで任されたことで、いよいよ独立への道筋が見えてきましたね。
 
宇佐川 そうですね。この業界に入ったときから独立願望は持っていました。そこで7年後の2013年に、まず個人事業主として独立したんです。豊富な横のつながりで面倒を見る職人も増えてきたので、より良い仕事環境を提供するため、2018年に弊社を設立しました。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事