B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

顧客の喜びのために
不動産業務の理想を追求

 
 
glay-s1top.jpg
河合 私は京都市出身で、大学卒業後から不動産一筋です。まずは東京で倉庫や工場などの事業用賃貸の営業をしていたんです。4年ほど経ったときに、土地開発の仕事がしたくて関西に帰り、不動産ディベロッパーに勤めました。当時は阪神・淡路大震災の直後で、これからマンションをどんどん建てていこうという時期だったんです。勤めた会社では、守口市の高層マンション建設にもプロジェクトリーダーとして携わっていました。会社としても初の試みで、知識や経験はまったくありませんでしたね。たくさんの方の支えがあったこと、そして力を尽くした結果、事業化することに成功したんですよ。
 
八木 開発側におられるとなると、マンションを建てるだけじゃなくて、その後の収益性を考える必要がありますよね。行政を含む関係各社との調整も大変でしょうから、非常に良い経験になったことと思います。
 
河合 ええ。守口市のマンション建設は、今までの仕事の中で一番の自信になりました。
 
八木 そういった経験が、今の事業運営に活きているのですね。では、KAY不動産コンサルティングさんならではの特長を教えてください。
 
河合 弊社では複雑な案件も資料で見える化する、「不動産納得レポート」を作成しています。こちらが実際のレポートです。ぜひご覧ください。
 
八木 なるほど。文字や数字、イラストを効果的に使われていて、きれいでわかりやすいレポートですね。こうして不動産情報を整理することで、口頭で説明を加えなくても見ただけでお客さんの考えは明確にまとまるのでしょう。レポートの中にお客さんへの気遣いが込められているのがわかりますよ。
 
glay-s1top.jpg
河合 ありがとうございます。しかし、提案内容のすべてがお客様の利潤につながるとは限りません。後々悪いほうへ向かう予見ができるときには、そのことをしっかりお客様にお伝えします。
 
八木 顧客目線でアドバイスしてくれるとお客さんも安心でしょうね。でも、そうすると会社の利益につながらないこともあるのでは?
 
河合 依頼を断られてしまうこともありますね。でも、お客様にとっての理想を追求し、適正な不動産業務をしていきたいという思いから起業したので、顧客目線というスタンスは守っていきたいんですよ。
 
八木 河合社長は、本当に責任感が強くて真面目ですね。人とのコミュニケーションを大切にされていますし、お客さんの利潤を考え、会社が儲かる方向ばかりに傾かないようにしておられる。これからもお客さんの喜びのために頑張ってください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
笑顔を絶やさないことです。ため息を吐いていると、何事もうまく回らないもの。仕事に行き詰っても笑顔を心がけていれば、自然と良い方向に進めるはずですよ。
(河合博之)
 

:: 企業情報 ::

株式会社KAY不動産コンサルティング

〒600-8398 京都府京都市下京区猪熊通綾小路下る瀬戸屋町303

ホームページ
http://kay-rec.com