B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

在庫管理業務システムの 開発から保守までを担う
株式会社コネクテッド 代表取締役 秋山紘毅

 
プロフィール 高知県出身。地元の高校を卒業して兵庫県神戸市の大学へ。卒業後は高知県、東京都、兵庫県の会社でシステムエンジニアとして経験を積む。2019年6月(株)コネクテッドを設立。在庫管理をしている企業を対象に、コンサルティング業務のほかソフトウェア開発・導入・運用、保守サービスまでをワンストップで担っている。若手の人材育成と労働環境改善にも尽力中。【ホームページ
 
 
 
在庫管理ソフトウェアやシステム開発などを手がける株式会社コネクテッド。代表取締役の秋山紘毅氏は、顧客に必要なプログラムをつくるIT技術力と、物流の専門的な知識を両輪とし、他社との差別化を図っている。現場改善のコンサルティングにも対応できるほど経験豊富な秋山社長は、従業員の労働環境整備にも力を注ぐ。その真意はどこにあるのか、お話をうかがった。
 
 
 

在庫管理ソフトウェア開発

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山 神戸市の株式会社コネクテッドさんにお邪魔しています。在庫管理のソフトウェア開発、システムの導入サポートやメンテナンスなどを手がけているそうですね。
 
秋山 はい。物流業務は「荷物を受託、倉庫で保管し管理、指定の場所へ配送」するのが大まかな流れです。弊社はその一連の業務を円滑に高効率で進めるために、在庫管理システムなど、さまざまな業務支援のシステム開発や、導入後の保守サービスまでをワンストップで担っています。
 
畑山 物流業務に関わるIT化に何でも対応できるんですね! 
 
秋山 はい。物流会社さんだけでなく、製造業で自社倉庫を保有する会社さんなど、在庫管理をなさっている企業のご相談に幅広く対応しております。
 
畑山 お客さんからは、どのような相談が多いんですか?
 
秋山 ちょっとしたお困りごとの相談が多く、そこからお付き合いが始まるケースが主ですね。お客様が悩んでいる問題点を丁寧にヒアリングし、業務改善のアドバイスだけで終了することもあります。
 
畑山 現場の業務改善のアドバイスまで行えるなんて、珍しいですね。しかも、システム導入ありきで相談を受けるわけではない。そこは顧客ファーストを徹底している証拠だと思いました。
 
秋山 不要なシステムを導入していただいても、あとあとお客様が困るだけですからね。そうなると、弊社にとってもマイナスです。
 
畑山 なるほど。お客さんのニーズに応える仕事をすることが、自社の繁栄につながるというわけだ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事