B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

オリジナルの万能調味料
食卓に健康と美味を運ぶ

 

徳之島との縁、最高の素材を地道に探す

 
glay-s1top.jpg
厳選した素材を使用し辿り着いた万能調味料
川村 田中代表が約25年かけて辿り着いた万能調味料へのこだわりポイントを、より深く知りたいです。
 
田中 お客様の健康と味覚の満足を考えて開発に向き合い、無添加で栄養価の高い原材料の選択に、特にこだわりました。厳選された素材を使うことにより、食材のポテンシャルが最大限に溢れ出てくるんです。
 
川村 “おいしさ”だけではなく“健康”も追求しているのですね。厳選素材はどういったものでしょう?
 
田中 鹿児島県・徳之島産の素材がメインです。地域の伝統製法でつくる塩「真塩(ましゅ)」や、テレビ番組で日本一にも選ばれた黒砂糖のほか、無農薬、無化学肥料で有機栽培されたニンニク、マグロの未成魚「シビ」の低温熟成、「奄美しまアザミ」という多年草の食材などを使っています。実は、弊社の調味料を広めるきっかけとなったのが奄美大島や徳之島の食材とのコラボレーション企画でした。そういったご縁もあり、商品化に向けて徳之島を訪ねては最高の食材を探し回った末、世界に一つのオリジナル調味料の製造に着手できました。このほか、地元埼玉県産である有機認定の古代米、「紫黒苑」や群馬県産の無農薬唐辛子、ニンニク等の最高食材も使用しています。
 
川村 徳之島の自然の恵みや人々とのつながり、そして田中代表の努力が詰まった商品なのですね。調味料は何種類くらいあるのですか?
 
田中 現時点では4種類ほどです。食べるペースト万能調味料「こりゃヤバい」1種と、万能調味オイル「王冠の雫」というシリーズが3種になります。
 
川村 それぞれの商品について、ぜひ詳しく教えてください。
 
田中 はい。「こりゃヤバい」は、免疫力をあげると言われている食材をふんだんに使っています。ご飯、野菜、お肉、豆腐などとの相性が抜群ですよ。「王冠の雫」シリーズの「琥珀(こはく)」は、食材の旨味と栄養価をアップできる使い勝手の良い、仕上げ調味料オイル。「瑪瑙(めのう)」は、辛味ファンを意識し、3種類のスパイスをブレンドして旨味を追求した商品です。最後の「翡翠(ひすい)」は、肝機能向上やダイエット効果を期待できる奄美しまアザミのフリーズドライを使用しています。せっかくですので、これらの調味料を使った料理を、ぜひお召しあがりください。
 
glay-s1top.jpg
川村 ではさっそく――「こりゃヤバい」は本当にヤバい(笑)! お米の旨味が引き出されてご飯が何杯でもいけちゃいそうです。どれも無添加の安心感があり、小さなお子さんを持つ親御さんにもありがたいと思います。
 
田中 ありがとうございます。ちなみに、今ご試食いただいたお米やホタテ、お刺身、納豆などは、近所のコンビニやスーパーで買ってきたごく普通の食材なんですよ。
 
川村 ええっ!? 簡単な時短料理なのに、どれも優しく深い味わいになっていて驚きました。和洋中何でも使えそうですし、直接かけるだけでも食材の旨味が違います。食王さんの調味料があれば、きっと毎日の食事が楽しくなりますよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事