B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

学ぶ人の可能性を広げる プログラミング教室
有限会社ハートワン 代表取締役 原宏之

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 大路恵美(女優)
大路 Webサイト制作、システム開発、プログラミング教室の運営を手がけている有限会社ハートワンさん。原社長は教室のほか、法人企業に出向いて新入社員にもプログラミングを教えていらっしゃるそうですね。これまでずっと開発やプログラミングに携わってきたんですか?
 
 いいえ。プログラミングは独学ですし、以前はフランチャイズのコンビニを経営していました。その中で、人を育てていく楽しさを知ったんです。そうして店舗を任せられるほど良い人材が育ってくれたので、空き時間を利用してお店の業務管理システム開発を手がけたら、大変うまくいったんですよ。それを機に、人材育成とプログラミングを両立させる方法を模索し、2019年5月にプログラミング教室「Newmonz(ニューモンズ)」を開校した次第です。
 
大路 すごい行動力ですね! 指導の際に心がけていることがあれば教えてください。
 
 「やる気スイッチ」を探すことです。生徒をよく観察してやる気を刺激できれば、モチベーションも上がり、より意欲的に取り組んでくれますからね。
 
大路 一人ひとりをよく見てご指導なさっているのですね。
 
 ええ。知識を教えるだけでなく、コミュニケーションも大切にしています。できたことを共に喜び、つまずいたことを共に考えるんです。まず、プログラミングを楽しいと思ってもらうことが重要ですね。だから、マンツーマンの授業にもこだわっています。一緒に学ぶからこそ伝えられること、理解できることがあるはずですから。
 
大路 そこにも独学で学んでこられた原社長の体験が生きている印象です。
 
glay-s1top.jpg
 そうかもしれません。当教室では、効果的な学習環境を提供できると自負していますよ。オンラインでも随時質問を受け付け、講師が返答するという形式で、自主学習をサポートしています。お住まいやお仕事の都合で通えない方は、オンラインサポートのみのご利用も可能です。
 
大路 プログラミング教室と聞くと機械と向き合うイメージがありました。しかし原社長が目指すものは学びの場を共有することなんですね。
 
 ええ。今後は、個人向けのプログラミング教室で、講師も育てていきたいですね。同じ志を持つ講師を育て、学びのネットワークを広げていければ嬉しい限りです。
 
大路 楽しみながら仕事することを体現されている原社長。今後ますますのご活躍を期待しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
“自分の魂が喜ぶこと”に取り組むようにしています。夢中になれるくらい好きな仕事に就けば、自然と楽しめますし、スキルも上達していきますから。
(原宏之)
 

:: 企業情報 ::

有限会社ハートワン

〒155-0032 東京都世田谷区代沢2-48-26

ホームページ
https://heart1.jp

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事