B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

脳活用度診断で適性を把握し 
人材や経営者をサポート

 

強みを自信に変え、自信を原動力に変える

 
glay-s1top.jpg
名高 お話をうかがっていますと、御社のサポートは転職希望者の方だけでなく、悩みを抱える経営者の方にとっても大きな効果を発揮しそうですね。
 
西中 まさに、そうなんです。経営者は身近に相談相手がおらず、孤独になってしまう方が少なくありません。しかも、企業のトップに立つ存在として、弱みを人に見せることもできないという方もいます。ですから、誰にも相談できずに悩んでいる経営者の方にこそ、弊社にお越しいただきたいと考えています。そこで今年2019年から、本格的に法人向けサービスを開始しました。人事・教育のプロや経営コンサルタントの協力を得て、経営者のみなさまをサポートしていきたいですね。
 
名高 素晴らしい取り組みだと思います。そうしたサポートを行ううえで、西中代表が大切にしていらっしゃることはなんでしょうか?
 
西中 大切なのはクライアント様に自信を持ってもらうことですね。弊社のコンセプトは「企業と社員が共に明るい未来が描ける、働きやすい環境づくり」なんです。そのために必要なのは、まず“自信を持ってもらう”、そして“成長を促す”ことだと考えています。クライアント様が持っている強みを見出して自信に変え、その自信を人生を歩むための原動力に変える。私はそれを一番の目的として、事業に取り組んでいます。
 
名高 西中代表がクライアントさんのことを思い、全身全霊で事業に立ち向かっている姿が伝わってきましたよ。
 
glay-s1top.jpg
西中 ありがとうございます。やはり、仕事は当事者意識を持って取り組むことが大事ですね。「やらされている仕事」だとか「これは自分の仕事じゃない」と考えた瞬間に、働くことがつまらなくなってしまいます。どんな仕事でも、前向きな気持ちで取り組んだほうが良いですし、その中で“自分らしさ”を発揮することが大切だと思います。ところで、名高さんにおたずねしたいことがあるんですよ。名高さんは、どうやって演技することのプレッシャーを乗り越えているのでしょう。また俳優という仕事へのモチベーションを、どうやって保ち続けているのでしょうか。
 
名高 私の場合、デビュー当時はものすごいプレッシャーに襲われました。しかし、演技の勉強を続け、現場で経験を積み、俳優としての自信がついてからは自然と緊張することがなくなりましたね。また、モチベーションを保つコツは、台本を読んで「この役をやりたい」と思った仕事だけ引き受けることでしょうか。常にわくわくする気持ちを忘れずに、自分で自分をプロデュースする意識を持つことが、仕事に立ち向かう意欲を高めるのだと思いますよ。それでは、私からも西中代表にお聞きします。ぜひ、ご自身の将来の目標を教えてください。
 
西中 私の目標は“人から地域に”、そして“企業から日本に”元気を届け、世界中を明るくすることです。そのためにも、ビジネスパーソンや企業全体の仕事への意識を変え、みんながより働きやすい環境にしていきたいですね。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
私は、仕事=私事を通じて自分自身を知り、公事として世の中のために役に立つ働き方ができることが幸せであり、生きている実感につながると考えています。だから、自分とつながる、つまり“ジブンコネクション”という社名を付けました。私自身がそのような生き方を体現できる人間でありたいですね。
(西中宏吉)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 合同会社ジブンコネクション
■ 本社 〒136-0072 東京都江東区大島1-18-4-311
■ 事業内容 脳活用度診断を用いた教育・研修・セミナー・プログラム開発/働き方カウンセリング・アドバイス/メンタルケア・ストレスサポート/人材育成コンサルティング/キャリアデザイン/何かを始める人の美味しい珈琲の会の運営/心が整う働き方ラボの運営
■ 設立 平成30年7月
■ ホームページ http://jibunconnection.com
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事