B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

最先端のIT技術を活用し 人々の生活に“彩り”を
株式会社彩り 代表取締役 森岡幸治

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 大阪市北区の株式会社彩りさんは、最先端のIT技術のPRや活用法を企業に提案しているそうですね。
 
森岡 はい。スマートウォッチやスマートグラスなど、体に装着するウェアラブル端末の紹介や、そのアプリ開発を手がけているんです。活用法を提案する業務では、こちらのEPSON(エプソン)製スマートグラスを利用しています。
 
タージン 外観はVRのデバイスに似ています。どこが違うんですか?
 
森岡 VRは仮想現実を体験できるのに対し、これはコンピュータがつくる仮想世界を現実に反映させ、拡張された現実を体験できるARというデバイスです。ぜひ体験してみてください。
 
タージン すごい、眼鏡の上からも装着できる! おっ、スマートフォンのような画面が現れました!
 
森岡 Android OS内蔵ですからね。スマホやタブレットのように、アプリをダウンロードすればいろいろな拡張現実が体験可能です。例えば商品PRのイベントで来場者さんにスマートグラスを装着していただいく。その状態で商品のQRコードをかざすと詳細情報が表示されるようにすれば、商品への興味が増すと思います。また不動産業界では、スマートグラスを装着して現実の土地に新築住宅の完成像を浮かび上がらせば、施主さんとより細かい打ち合わせが可能になるはずです。
 
タージン 仮想世界に入り込むVRと違い、現実の世界を広げ、新たな価値をつくるのがこのスマートグラスなんですね。アイデア次第でさまざまな業界で活用できそうで、可能性に満ちたデバイスだと思います。御社としては、提案のためにいかに柔軟な発想ができるかが大事ですね。
 
glay-s1top.jpg
森岡 その発想力を生むのは、スムーズに情報共有ができるフラットな社内環境です。ですから、風通しの良い職場づくりを心がけているんですよ。私はITエンジニア時代に過酷な労働環境で働く経験をしました。だからこそ、仕事のための仕事ではなく、自分の人生を充実させるための仕事が一番と考えています。スタッフで力を合わせ、今後は老若男女関係なく、ITですべての人の生活に“彩り”を与えたいですね。また、海外の最先端技術を大阪から日本中に広げていきたいです。
 
タージン ITを、人に喜びを与え生活を豊かにするツールとして捉える姿勢に感銘を受けました。スマートグラスのように、彩りさんも無限の可能性を秘めていると思います。私も応援していますよ!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
「すごい」と喜んでいただけるような仕事や、人に役立つ仕事ができていれば、それだけで楽しいです。
(森岡幸治)
 

:: 企業情報 ::

株式会社彩り

〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋2-3-10 サンハイム南森町202C

ホームページ
http://irodori.tech

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事