B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

音に触れる楽しさを伝え 心を豊かにする音楽教室
Oze Music School 代表 小瀬恵理子

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 鶴久政治(ミュージシャン)
鶴久 栃木県宇都宮市にある音楽教室、Oze Music School(オゼミュージックスクール)さん。私も音楽に携わる者として、お話をうかがうのを楽しみにしてきました。
 
小瀬 元チェッカーズの鶴久さんに、そうおっしゃっていただけけるなんて光栄です。私の場合、弾けるのはピアノだけなんですけどね(笑)。
 
鶴久 ピアノが弾ければ一人でも曲が成り立ちますし、とても素晴らしいですよ! こちらでは、どのようなレッスンを行っているのか教えてください。
 
小瀬 最近は音楽を用いた情操教育である“リトミック”に力を入れてレッスンしています。
 
鶴久 リトミックというのは、具体的にはどんな教育法なんでしょう?
 
小瀬 リズム楽器やピアノの音に合わせて体を動かし、感性を養うものなんです。1歳になるお子さんから、幼稚園に入るまでのお子さんたちが、親御さんと一緒に参加しています。子どもって本当に表情が豊かなんですよ。レッスンの最初には喜怒哀楽を表現するという段階もあって、中には曲を聞いただけで泣いてしまうような子もいるんです。
 
鶴久 小さい頃からそうして音楽に触れていると感性が豊かになりますし、将来的には音楽以外にもさまざまな才能にもつながっていくと思いますよ。子どものうちは、そうした時間がとても大切ですよね。小瀬代表ご自身も、幼い頃から音楽に関わってこられたんでしょうか?
 
glay-s1top.jpg
小瀬 ええ。父親が楽器店に勤めていて、母親はピアノ講師という環境で育ちました。ですから、生まれたときから音楽が身近にあったんです。小さい頃から、とにかくピアノが好きで、楽しく弾いていました。中学生頃からはクラッシックだけでなく、ポップミュージックなど多彩なジャンルの音楽にも触れてきました。それもやはり、好きだから続けてこれたんだと思います。
 
鶴久 その気持ちはとてもよくわかります。自分が好きなことって、どんな形であれ続くものですよね。
 
小瀬 そうですね。音楽と子どもに携わる仕事をしたいという思いは昔からあり、最初に勤めたのも幼児教育の現場でした。この教室を立ち上げる前には、自分の子どものママ友たちを集めて、リトミックレッスンをしていたんです。そこでママ友たちにすごく好評だったので、こうして教室を立ち上げたんですよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事