B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

全国で電気工事を手がけ 人柄と人情で会社を成長
株式会社伝手電 代表取締役社長 山本稔明

 
プロフィール (やまもと としあき)京都府出身。10代で家業の工務店に勤めたのち、大阪の電気店でアルバイトとして勤務。その後は電気設備工事会社に就職し、マンションや商業施設など大規模工事の経験を積んだ。太陽光パネルの設置業務にも関わり、2012年に当時の同僚と共に独立。(株)伝手電を設立した。一般住宅から大型施設の工事まで施工規模の大小を問わず、全国各地で業務を手がけている。【ホームページ
 
 
 
大阪府交野市と寝屋川市を拠点に、日本全国で電気工事を行っている株式会社伝手電(でんででん)。「前職時代から築いてきた、仲間たちとのつながりによって支えられている」と語るのは代表取締役社長である山本稔明氏だ。山本社長はスタッフの意見に耳を傾け、チームワークを大事にしながら柔軟に事業を展開し、会社を成長させ続けている。そんな持ち前の人柄の良さと、人情味あふれる山本社長に、仕事への思いをうかがった。
 
 
 

全国の電気設備工事に幅広く対応

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 大阪府交野市に本社を置き、電気設備工事事業を行う株式会社伝手電さん。本日お邪魔している寝屋川事務所は、昨年2018年10月に開設なさったとお聞きしました。
 
山本 はい。本社が手狭になってきたので、新たな事業所として活用しています。
 
狩野 会社が成長している証拠ですね! 詳しい事業内容を教えてください。
 
山本 戸建住宅からマンションや大型商業施設まで、一般電気設備工事、空調工事、アンテナ工事などの、生活インフラや“人々の暮らし”を支える事業と、LED照明や太陽光発電所の設計・施工など、エネルギーと“自然環境”を支える事業を、日本全国で展開しています。
 
狩野 電気工事のことなら何でもお任せできるんですね。最近は省エネや環境問題への対策として、LED照明導入の相談が多いのではないですか?
 
山本 ええ。最近は大手運送会社の倉庫にある約2000台の照明を、LEDに更新する工事を行いました。これにより、電球1個にかかる電力が通常の40Wから4W相当に、蛍光灯の場合1つ80Wから25W相当に変わったんですよ。
 
狩野 それが2000台もあるわけですから、かなり大きな省エネになりますね。環境に配慮しながら、電気費用も抑えられる、まさにWin-Winのお仕事だと思いますよ!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事