B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

“働く幸せ”をお手伝い
働く人と企業の架け橋に

 
 
glay-s1top.jpg
麻生記子社長

 
八木 障がいのある方たちに着目したのも、介護サービスという福祉事業が念頭にあったからですか?
 
麻生 そうです。仕事に就きたい障がい者の受け皿であり、働きたい高齢者の仕事であり、また介護の必要な人への人材と、共に働く喜びを分かち合う場所をつくれたらと考えました。社会から取り残されやすい人たちに広く活躍の場を提供し、自立した生活が送れるように支援しよう。そうして働く喜びを感じてもらえたら、という理想を思い描いています。弊社の理念・思いは“人を大切にする心”“人への思いやりの心”“人を同じ目線で見る心”です。この思いを大切にして、人々に“働く幸せ”を感じていただくお手伝いをと思っています。
 
八木 求職者と企業のマッチングを図るうえで、一番大切にしていることは?
 
麻生 まず双方へのヒアリングを徹底することです。十分な時間をかけて面談して、その方の働くことへの率直な思いと、過去の経験や今後のビジョンなどをしっかりお聞きしています。それがベースにあるから、企業に対しても、こんな環境をつくってほしいという具体的な折衝が可能です。求職者も企業も本当に理解しあったうえでの働く場所の提供が必要だと思います。
 
glay-s1top.jpg
八木 公共機関や大手企業による職業紹介ではなかなか行き届かない部分まで、事前に話し合ってすり合わせができているのが素晴らしいですね。私も現役時代は自分のプレーだけに集中していればよかったのですが、引退してコーチになって初めて、人に教えることの難しさを味わいました。麻生専務がおっしゃったように、まず、個々の選手のことを知らなくちゃ始まらない。人材を活用するのもそこからですよね。最後に、今後の抱負をお聞かせください。
 
麻生 同じ志を持った仲間と協力して、先ほどお話しした「NPO法人暮らしステージ」をいずれは、障がいを持つ方、ご病気の老人などの施設を構えた社会福祉法人に発展させようとの思いです。これを実現するためにも、アローパーソナルサービスの事業を軌道に乗せて、1人でも多くの求職者の要望に応えられるよう、そして必要とされる人材を求める企業のお役に立ちたいですね。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
仕事だけじゃなく、何においても楽しんだり喜んだりできるのは、他人様がくださるものだと思っています。人のためにやるのは「やってあげている」のではなく「させていただいている」との思いです。仕事をすることで、皆様から楽しみや喜びをいただいております。
(麻生征雄)
 

:: 企業情報 ::

アローパーソナルサービス株式会社

〒542-0062 大阪府大阪市中央区上本町西1-2-14 第3松屋ビル881

ホームページ
http://shigoto-aps.com

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事