B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

遊びとアートで新進保育
築地の新しい時代を築く

 

遊びとアートを融合した新感覚の保育

 
海野先生のパフォーマンスの様子
海野先生のパフォーマンスの様子
矢部 保育・子育て支援にもさまざまなものがありますよね。るみらいとさんの特長を教えてください。
 
海野 築地に絵画教室がなかったことから、ご要望にお応えするかたちで小学生以上を対象にした絵画教室もスタートさせたことでしょうか。また、弊社では様々な遊びの中から学んでいく「アソビ・アクティビティ」という独自のカリキュラムを取り入れています。
 
矢部 おもしろそうな響きですね。どんな内容ですか?
 
海野 お絵かき・お歌・ダンス・工作などのレッスンをするもので、情操教育の一環です。遊びながら各アクティビティを通じ、子どもの感性を豊かに育てていくのが目的です。
 
矢部 技術を教える教室とはまた違った視点のようですね。
 
海野 はい。技術の向上を求めるものではありません。でも、できあがる作品はどれも自由奔放で見応えがあり感動的で、特に保護者の皆様には響くものがあると思います。お子様やご両親に合わせて考え抜いた材料を準備しています。お子様が遊びの中で楽しみながら作品をつくれて、ご両親にも感動していただける完成度の高いものになるよう心がけています。
 
矢部 これまでのご経験を活かした、海野さんならではの強みですね! 子どもには固定観念がないから味わいのある作品が生まれるんだろうなあ。ご両親が、作品を嬉しそうにお部屋に飾っている姿が目に浮かびます(笑)。お預かりしているお子さんたちの年齢は何歳くらいですか?
 
海野 今のところ1~2歳のベビークラスから、小学校入学前までのお子様で、各クラス同時間内に3人まで受け入れられる体制を整えています。また、お子様をお預かりするほかにも、出張レッスンや訪問保育も行っているんですよ。お食事やお風呂などのケア、そしてアソビ・アクティビティも行います。
 
glay-s1top.jpg
矢部 訪問先にアソビ・アクティビティの材料を持ち込むのですか?
 
海野 そうです。最近、保育とおけいこの造語で「保けいこ」という、保育中にスポーツや音楽などのレッスンを受けられる、新しいスタイルの保育が注目されています。共働きで忙しく、習いごとの送迎は無理とあきらめている人が大勢いて、そんな悩みに直面しているご家庭を対象にした取り組みです。
 
矢部 それは重宝されますよ! 共働きだと保育とおけいこの両方に子どもを通わせるのは時間的に難しいですから・・・。保育とのミックスは、まさに至れり尽くせりで、ご多忙な方々には大助かりだと思います。