B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

潜在意識カウンセリング
ストレスのない生活を!

 

競争社会で悩むすべての人の力になる

 
glay-s1top.jpg
川﨑 相談に来る方は、どういった方が多いのでしょうか?
 
安藤 「自分らしく生きたいけれど、ありのままでいられない方」「どう行動すればいいのかわからない方」が多いですね。また、神経痛などの持病で悩んでいる方やうつ病の方、DVや虐待のトラウマで悩んでいる方なども来られます。
 
川﨑 病気で悩んでいる方が多いのは意外ですね。
 
安藤 キネシオロジーは医療行為ではないので、治すとは言えません。でも、たった1回のセッションで神経の痛みが改善したり、薬を必要としなくなったりした方もおられます。やはり、問題の根本原因を探り、なぜ身体にこのような症状が出るのか気付くことで、本人の中で劇的な変化が生まれることもあるのだと思います。
 
川﨑 セッション時は、相手の心に深く踏み込んでいきますよね。そのときにどんなことを心がけていますか?
 
安藤 ヒアリングをしっかりと行い、「どうなりたいか」という相手の意図を把握することですね。そして、身体から聞いた声に基づいて、どうしたいかを考えていただきます。潜在意識だけでなく、顕在意識とのすり合わせが大事です。
 
川﨑 安藤社長の主観ではなく、客観的な立場をキープされるのですね。いかにキネシオロジーがメソッドとして確立されているかがわかります。今後はどのような方に来ていただきたいとお考えでしょう。
 
安藤 悩まれている方ならどなたでもお越しいただきたいです。そのうえであえて言うなら、会社員やアスリートなど、競争社会の中で揉まれている方でしょうか。特に男性は悩みを1人で飲み込もうとしがちなので、ぜひ相談に来ていただきたいです。
 
川﨑 最近は産業医を雇用する企業が増加しています。メンタルケアのサポート役として、チーム・アドベンチャーさんについてもらえれば、多くの方が仕事に集中できる環境をつくれそうですね。また、ストレスを抱えている経営者さんにとっても、心強い味方なんじゃないかな。
 
glay-s1top.jpg
安藤 鞄一つで全国どこへも出張しますので、気軽にお声がけいただけると嬉しいですね。今の日本は、システムに守られている分、本来の自分を生かした働き方が難しいと思います。経営者には、自分が無理をしてでも周囲を支えようとする方も多いです。でも、それではいつか立ち行かなくなります。各人が自分らしく、ありのままでいることが、会社が力を発揮するためにとっても大事だと思いますね。
 
川﨑 安藤社長の言う「楽に生きる」とは、“自分らしく生きる”ことなんですね。海外では主流の考えであっても、日本でそれが一般的になるのは、まだまだこれからでしょう。だからこそ、将来のこの国にとって、とても大切な仕事をされているんだなと思います。ぜひ今後も頑張ってください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
本来の自分のまま、力を発揮することです。
(安藤晶子)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 チーム・アドベンチャー株式会社
■ 本社 〒603-8054 京都府京都市北区上賀茂桜井町65-301
■ 事業内容 個人&企業カウンセリング・ストレスマネジメント事業/セミナー運営
■ 設立 平成16年3月
■ ホームページ https://team-adhal.jimdo.com
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事