B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール (とうかいりん はるお)山形県出身。エンジニアとして働いた後、1992年に(株)オウルテックの設立に参画。2014年に代表取締役に就任する。同年にオウルテックの母体企業で、新規事業の立ち上げや商品開発などを手がける(株)ライフエッグを設立。2017年にプリント事業を本格稼動した他、輸入業やテーマパーク設立など大規模プロジェクトも精力的に進行している。【ホームページ
 
 
 
株式会社オウルテックの代表取締役としてB-plusに登場した前回、東海林春男氏は「自走集団」という組織のあり方を教えてくれた。一人ひとりが自らの力で考え、行動する集団であってこそ、組織は常に成長し続ける。それはオウルテックの母体企業、株式会社ライフエッグでも同じ。2017年からプリント事業を本格稼動させた他、複数の新規プロジェクトを進めている。将来的に同社が目指すのは、「自走集団」から「経営者集団」への進化だった。
 
 
 

ニーズに応えるプリント事業を新規スタート

glay-s1top.jpg
インタビュアー 矢部みほ(タレント)
 
矢部 東海林社長は、B-plusに2度目の登場となります。前回は、パソコン周辺機器やスマートフォン用アクセサリーを製造販売するオウルテックさんの代表取締役としてご登場いただきました。
 
東海林 弊社、ライフエッグはオウルテックの母体会社として、商品開発や新規事業立ち上げを担っている組織です。今回は、昨年2017年夏から本格的にスタートした新事業をご紹介したくて、矢部さんに来ていただきました!
 
矢部 新規事業ですか? それは楽しみです。どんな事業なんでしょう?
 
東海林 プリント事業です。個性的な装飾が好まれるスマホのアクセサリーに代表されるように、近年は“自分だけのオリジナル”という付加価値を、消費者の皆さんが重視する時代です。そこで、スマホカバーでもTシャツでも、お客様のニーズに合わせたオリジナル商品をつくってご提供できないかと考案したのがプリント事業でした。この場で撮影した写真もすぐにプリントできるので、矢部さんのスマホカバーとTシャツもおつくりしましょうか?
 
矢部 ぜひお願いしたいです! では完成を待つ間に、印刷所を見学させてもらいましょう!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事