B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

ライフスタイルLIFESTYLE

全国各地に定額で住み放題 リモートワークの新しい形

◆場所に縛られない働き方を叶える
 注目の多拠点コリビングサービス

 
glay-s1top.jpg
目の前に海が広がる、かつて民宿だった南房総の家
glay-s1top.jpg
オフの時間は釣りやシュノーケリングなどを楽しむことも
2016年からニュースでも盛んに取り上げられるようになった「働き方改革」。昨年2019年4月より関連法が順次施行され、本格始動となりました。特に、2020年はコロナ禍の影響により各社でリモートワークの導入が加速。結果として従業員の通勤時間やオフィスのコスト削減などさまざまなメリットが生まれ、コロナ収束後もリモートワークを継続したいという声が高まっています。
 
こうした流れから、今後は場所に縛られない働き方・ライフスタイルがますます浸透していくのではないでしょうか。出社のために都心部に住む必要がなくなれば、自分らしく働きながら地方でゆったりと生活を楽しむのも夢ではありません。しかし、急に都会の快適さを手放すのは惜しいもの・・・。そんなすべてのビジネスパーソンに提案したいのが、「多拠点居住」という新しいライフスタイルです。
 
株式会社アドレスが2019年10月から本格的に開始したのは、多拠点コリビングサービス「ADDress(アドレス)」。こちら、全国各地にプラットフォームとなる物件を展開しており、定額で住み放題という魅力的なサービスなのです。都市にも地方にも暮らしながら、地域の文化や人との触れ合いを楽しむ、そんな新しい日常を後押ししてくれるADDressに、注目しました!
 
 

◆空き家問題を解決するとともに
 新しいライフスタイルを提案!

 
glay-s1top.jpg
ADDressの家は空き家問題の解決の糸口にもなっている
アクセスのいい都市部をはじめ、南は九州、北は北海道まで、全国に90ヶ所以上展開しているADDressの家。各地の遊休物件をオーナーからサブリースしてリノベーションし、管理・運用しながら会員に貸し出すことで、深刻さを増している空き家問題を解決するとともに、移住希望者に多拠点居住というライフスタイルを提案しています。
 
会員になれば、月額4万円で全国住み放題! 敷金や礼金、保証金と言った初期費用は不要、電気代など光熱費もすべて含まれています。ADDressの家はネット環境が整っているのはもちろん、個室の寝具をはじめ家具やアメニティまでそろうので、身一つで気軽に各拠点への移動が可能。1ヶ月から3ヶ月先まで、同時に上限14日分の予約がWeb上ででき、同じ個室は連続で最長7日間利用ができるようになっています。また契約者と同伴であれば、二親等、固定のパートナー1名まで追加費用なしで利用できるのだとか。
 
glay-s1top.jpg
会員用のWebページから簡単に予約ができる
glay-s1top.jpg
家の写真も充実! 1ヶ月から3ヶ月先の予約が可能
 
ロケーションも海の目の前や商店街の中、高原と多種多様。物件も、古民家や温泉付きの別荘、ウッドロッジ、さらには引退したブルートレインを利用したものなど、見ているだけで新しい生活への期待が膨らむものばかりです。
 
平日はADDressの家のコワーキングスペースで仕事をして、週末は近隣の山や海でアクティビティを楽しんでリフレッシュしたり、地域の人との交流を深めたりと、過ごし方は自由自在。子どもの長期休暇にあわせて利用し、親子のコミュニケーションを大事にしながらワーケーションというのもありでしょう。自分のスタイルにあった環境で働けば、心にゆとりも生まれ、生産性も高めることにもつながるのではないでしょうか。
 
glay-s1top.jpg
商店街の一角にあるADDressの家
glay-s1top.jpg
引退したブルートレインを利用した物件
glay-s1top.jpg
温泉付きの物件も大好評!
 
 

◆パートナー企業との連携により
 多拠点での生活が身近なものに

 
glay-s1top.jpg
もともと著名な東洋・考古学者の自宅だった北鎌倉の邸宅
利用者は20~30代の会社勤めの若年層が半数を占め、人とのつながりが希薄になりがちな都心部で働く中、地域や人とのつながりを求めてライフスタイルを切り替える人も少なくないようです。しかし、知らない土地での生活に不安はつきもの。そんな中、さまざまなローカル体験をバックアップしてくれる家の管理者「家守(やもり)」という頼もしい存在もADDressの特長の一つです。家守は地域のことを熟知した住民であり、家の管理能力や人柄もADDressが面談して選定した信頼できる人物。個性的な面々がそろっており、近隣住民との交流を橋渡ししたり、地域の情報を提供してくれたりするので安心です。
 
とはいえ、度重なる交通費を考えると、やはり尻込みしてしまう人もいるのでは。実は、ADDressはさまざまな企業と連携しており、モビリティパートナーとしてANAホールディングス株式会社やJR各社が移動をサポート。例えば月額3万円でANAの全国31空港発着の指定路線便に片道4回もしくは2往復できるほか、JR西日本の山陽新幹線を定額利用できるといったお得なプランが利用可能です。
 
glay-s1top.jpg
大勢で料理を楽しみたくなる広いキッチンが備わっている
glay-s1top.jpg
自然に囲まれた静かな環境。個室や書斎も居心地がいい
 
このほか、大阪ガス都市開発株式会社では分譲マンションの購入者にADDressの会員権を付与して多拠点生活を提案するといった新たなユニークな試みも。さらに、現在コロナ禍の影響で休業している宿泊施設もADDressの家として連携強化中であり、こうした取り組みは客足が落ち込んだ観光地の経済活性化にもつながることでしょう。今後もADDressに賛同し、連携する企業はますます増えれば、新たなサービスの展開にも期待が高まります。
 
至れり尽くせりなサービスで多拠点での活動をサポートしてくれるADDress。地方に住んでみれば、空き家問題をはじめとした各地の現状を知ることにもつながります。その中で、人とのつながりや本当の豊かさなど、あらためて気付くことも多いはず。現状にくすぶっている人は、ぜひADDressを活用して、多拠点居住という新しい日常を始めてみてはいかがでしょうか。
 
 
 
ADDress
https://address.love/
 

ライフスタイルランキング

関連記事

最新ライフスタイル記事

カテゴリ

最新記事

話題の記事