B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

未病を防ぎ、体調を整える
漢方をかかりつけ薬局に!

 
 
100201_k0311_g002.jpg
石野 今井店長は不妊治療センターの講演会などにも足を運ばれ、外部の情報を採り入れていらっしゃるとお聞きしました。
 
今井 医学は常に進歩していますので、最新の医療も勉強しています。お客様からは、現在服用されているお薬や、治療方針についてのご相談も非常に多いです。それらにしっかりお応えすれば信頼にもつながります。2000年近く前の漢方の古典を読みながら、西洋医学の論文に目を通す必要がありますけれども(笑)。
 
石野 頼もしいです。皮膚病の方には、どのような対応をされるんですか?
 
今井 まずは信頼を得ることでしょうか。アトピー性皮膚炎など皮膚病で悩まれている方はすでに様々な治療を行ってきた方が多く、何が正しい情報なのか混乱されているように感じられます。今までどのような治療をしてきて、どのような経過があったか。生活習慣なども詳しく聞いています。「薬だけ飲めば治る」 という考えの方が多いのですが、「正しい食事習慣・良質な睡眠・適度な運動」 もお薬の効果を高め、体を改善していくのに重要な要素ですからね。
 
石野 私も相談していいですか? 仕事柄、緊張する場面が多くてストレスが溜るんです。
 
100201_k0311_d02.jpg
今井 中医学では、ストレスなどが上手く発散できないと気の巡りが悪い状態=気滞(きたい) になると考えます。気の巡りが悪くなるとイライラしたり、落ち込んだり、生理に影響が出たり、痛みが出たりと、様々な症状が出てきます。中医学では気を巡らし、リラックスさせるもの=疏肝薬(そかんやく) などをよく使います。
 
石野 あ、ちゃんとお薬があるんですね。病院では 「ストレスですね。」 の一言で片付けられがちですから、嬉しいです。
 
今井 後楽堂薬局では今ある症状や体質などをしっかりとうかがい、漢方薬以外にも生活習慣や食養生などいろいろなアドバイスや提案をさせていただいております。当薬局はどのような時にも安心して相談していただけるような、お客様やご家族の健康を長い目で見守る 「かかりつけ薬局」 を目指しています。
 実際、月1回ご来店いただいていると、お客様の変化が分かります。そんなときは 「今月は何かありましたか?」 とお聞きし、その時の体に合う漢方をお勧めしています。私は今も年1~2回中国へ行きますが、漢方が13億人の医療を支えている現場を見ると感動します。これからも、心身ともに健康になれる中医学を普及させていけたらと考えています。
 
石野 私も応援しています。本日はありがとうございました。
 
 
 

:: 事業所情報 ::

漢方専門 後楽堂薬局

〒113-0033 東京都文京区本郷1-25-5 見学ビル1階 (北京中医薬大学日本校提携)

TEL 03-3818-0371

URL http://kanpo-tokyo.net

 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事