B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
100201_k0311_g01.jpg
インタビュアー 石野真子(女優)
石野 漢方薬局は店内が暗くて女性が入りにくいイメージがありますが、こちら後楽堂薬局さんは明るくて入りやすいですね。。
 
今井 ありがとうございます。後楽堂薬局は、男性でも女性でも、初めての方でも安心して相談していただける雰囲気を心掛けております。
 
石野 私もなんとなく体調がよくないとき、漢方の煎じ薬を飲んでいます。
 
今井 それはとてもよいと思いますよ。最近では漢方を飲んでいると調子がよいので継続されている方が増えています。
 西洋医学はそのときの体の症状に合わせて薬を処方するので、症状を言えば言うほどお薬が増えてしまうことが多いですよね。東洋医学は陰陽のバランスを取っていくものです。「足りなければ補い、余分な物は瀉す」 という理論でお薬を選ぶので、1種類でもいろいろな症状が改善されるという例はよくあります。
 また、中医学は哲学的な要素も含んでいますので、漢方相談をしながら少しずつご自分のことを理解していただくことで、体だけでなく心も健康になれると思いますよ。
 
石野 今井太郎店長から見て、最近はどんなご相談が多いですか?
 
101201_k0311_ex0001.jpg 
明るい店内は従来の漢方薬局のイメージを一新
今井 やはり、アトピー性皮膚炎・ニキビ・乾癬などの皮膚病や、不妊・生理痛・筋腫や嚢腫などの女性の疾患が多いですね。西洋医学でステロイド剤やホルモン剤に頼らなくてはならないもの=皮膚疾患や婦人科疾患などは、漢方の得意分野だと考えています。
 他にもいろいろな疾患の方が相談にいらっしゃいますが、中医学は様々な疾患に対応できる医学だと思います。あちこちの病院を巡ってもよい結果が得られず、当薬局に来られる方も多いです。
 
石野 漢方で体づくりをしたいという子宝相談が非常に多いと聞きましたが、いかがですか。
 
今井 ここ数年、特に多くなっていると思います。西洋医学の治療(ART:高度生殖補助医療)と並行して通ってこられる方も多いですね。
 後楽堂薬局ではじっくり相談していただくため、予約制をとっています。また、不妊治療自体のストレスや、なかなかお子様に恵まれないストレスが悪影響を及ぼし、悪循環に陥ってしまっている方もいらっしゃいますので、そのような場合は、お薬だけでなく、カウンセリングも大切にしています。楽しいことを考えるといいホルモンが出るんですよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事