B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 日本茶葉製造販売業の丸山園本店の三代目として生まれ、学業終了後は一時芸人を目指し「欽ちゃん劇団」に在籍。萩本欽一氏の指導を受けた。引退後、京都の茶問屋での修業を経て家業に入り、三代目を継承。お茶の良さをPRすべく日本茶カフェ「一葉 KAZUHA」を立ち上げるなど、本物のお茶が忘れ去られたまま飲まれなくなっている状況を憂い、業界復興と消費者の健康促進を後押しする活動を続けている。
 
 
来客をもてなすとき、ちょっと一息つきたいとき、急須で淹れたお茶は日本の風景に欠かせない飲み物だった。しかし現在、ペットボトルのお茶やコーヒー、スポーツ飲料など他の飲み物に押され、茶葉の使用量は減少の一途を辿っている。そんなお茶業界の現状に危機感を抱いた株式会社丸山園本店の井ヶ田晋代表は、お茶カフェ・一葉[KAZUHA]を新宿と茅ヶ崎にオープンした。日本茶小売企業の若手経営者が考える、今やるべき課題とは?
 
 
 

お茶――この身近な飲み物の
すばらしい効能

090902_k0038_g01.jpg

インタビュアー 川村ひかる(タレント)

090902_k0038_ex01.jpg

期待のお茶カフェ 一葉

川村 こちらのお店は、お茶のとてもいい香りがしますね。
 
井ヶ田 ありがとうございます。このお茶カフェ・一葉[KAZUHA]新宿本店は2003年にオープンしました。もともと当社は袋入りのお茶などを販売するのが主な事業でして、関東に47店舗、直営店を展開しています。しかし近年、若い世代を中心にお茶を飲む習慣自体がなくなりつつあり、茶葉の販売量が伸び悩んでいます。私はお茶の業界にいる者として危機感を感じ、「このままではいけない」と6年前にこのお茶カフェを立ち上げました。普段あまりお茶を飲まれないお客様が本物のお茶の美味しさに出会える場所にしたいと考えています。
 
川村 お茶は味わって飲むと本当に美味しいし、すごく体にいいですよね。カテキンやリコピン、リビンやポリフェノール・・・ビタミン・ミネラル以外にもいろんな植物化学物質が入っていて、要は体を酸化させないんです。栄養学的にはすごくお勧めなんですよ。皆さん、ビタミン剤は飲んでも、身近にある飲み物がこんなに体にいいなんて案外知らないから、私はもっともっとPRしていきたいんですよね。
 
井ヶ田 詳しいですねえ。川村ひかるさんは、健康管理士の資格をお持ちなんですよね。
川村 はい。企業様にセミナーに行くこともありますよ。健康管理士の目から見ると・・・井ヶ田代表は少しメタボでしょうか(笑)。 それはともかく、お茶はビタミンCも豊富です。だから子供の頃は「風邪をひいたら緑茶を飲め」って、いつも言われましたでしょう。
 
090902_k0038_t01.jpg
井ヶ田 言われましたね。あと、殺菌作用もあるんですよ。お寿司屋さんで最後に熱いお茶を飲むのはそれなんです。生ものを食べた後は殺菌作用のあるお茶がいい、と。実際に江戸時代は、お茶は薬として大切に扱われていました。庶民にはなかなか手に入らないものだったようですね。 
 
川村 こうしてお茶をいただいていると、気持ちも落ち着きます。ああ、おいしい。
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事