B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

質の高い板金技術で 信頼を勝ち取る屋根工事
木下板金 代表 木下泰徳

 
プロフィール 兵庫県姫路市出身。技術専門学院の溶接コースを卒業後、父親の勧めで高砂市の板金屋に就職。一人の親方のもとで18年間の修業を経て、技術を磨き上げた。2008年に木下板金を設立。姫路から神戸までのエリアを中心に、住宅の屋根板金工事や雨どい工事、外壁工事などを手がけ、中学時代の同級生と息子、妻と共に地域の暮らしを守っている。【ホームページ
 
 
 
兵庫県明石市にある木下板金は、新築からリフォームまで屋根・雨どい・外壁工事で活躍している。木下泰徳代表は18年間もの間、同じ親方の下で修業。じっくりと技術を磨き独立を果たした職人だ。一方で、時代の流れを汲み取って身だしなみや会話を重視するなど、昔ながらの無骨な職人とは異なるやわらかい対応で顧客の信頼を高めている。中学時代の同級生と長男、そして妻と共に、地域の暮らしを守る木下代表の人柄に迫った。
 
 
 

親方の下で18年修業し屋根板金の腕を磨く

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 濱中治(野球解説者)
濱中 兵庫県明石市を拠点にご活躍中の木下板金さん。木下泰徳代表と奥様の忍さんにお話をうかがいます。まずは、事業内容を教えてください。
 
木下(泰) 当事業所は姫路から神戸までのエリアを中心に、住宅の屋根板金工事、雨どい工事、外壁工事を手がけています。近年はガルバリウム鋼板など金属製の屋根も増えておりまして。どのような材質の屋根工事でも安心してお任せください。
 
濱中 最近はゲリラ豪雨で突然の雨漏りに襲われる方も多いようですから、幅広い屋根工事に対応できるとは心強いですよ。ところで、木下代表が職人として独り立ちするまでの歩みも気になります。
 
木下(泰) 私は姫路市出身で、技術専門学院の溶接コースを卒業後、父親の勧めで高砂市の板金屋に就職しました。そして、同じ親方のもとで18年修業をして2008年に独立し、当事業所を立ち上げたんです。
 
濱中 一般的に職人さんは、何人もの親方の下や会社を転々とするものですよね。18年も同じ親方と行動を共にした理由はなんだったのでしょう。
 
木下(泰) 一人の親方の下で修業しても他社に移っても、応援でいろいろな現場に行きますから、同じことだと思っていたんです。自分がその気になればいくらでも勉強はできますからね。私の親方はかなりの数の仕事を抱えていました。見て盗めの世界だったので、手本となる親方や先輩のやり方を見ながら技術を学んできたんです。技術が身につくと仕事がどんどんおもしろくなっていきましたね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事