B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

独自の育成術で職人を指導 独立を後押しする塗装会社
株式会社Leap 代表取締役 鈴木勝也

 
プロフィール 10代半ばで建築業界入り。塗装や防水工事を手がける会社に約20年間勤務し、職人と現場管理業務の経験を積む。退職後、2020年に埼玉県加須市で(株)Leapを設立。市内をはじめ関東圏全域で、屋根や外壁の塗装をメインに、防水工事、内装リフォームなどに対応している。自らは現場作業から一線を画し、若手職人の育成に力を入れている。【ホームページ
 
 
 
埼玉県加須市で、屋根や外壁の塗装や、防水工事を手がける株式会社Leap(リープ)。設立2年目ながら関東圏全域へ信頼の輪を拡大し、着実に実績を積み重ねている。同社の鈴木勝也代表取締役が最も力を入れているのが、人材育成。職人と現場管理業務双方のキャリアを活かし、技術だけでなく経営的思考も身に付けられるよう、若手職人の指導に明け暮れている。鈴木社長の新奇な人材育成術に、水野裕子氏が迫った。
 
 
 

関東一円で屋根・外壁塗装や防水工事に対応

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 水野裕子(タレント)
水野 埼玉県加須市に拠点を置く、株式会社Leapの鈴木社長にお話をうかがいます。さっそく、事業内容からお聞かせください。
 
鈴木 屋根や外壁の塗装工事をメインに、屋上などの防水工事も手がけております。床材や壁紙の張り替えといった内装リフォームもご依頼いただいています。加須市にお住まいのお客様以外にも東京や埼玉、茨城、群馬、栃木など関東圏の方々から、広くお声がけいただいているんですよ。
 
水野 住まいのことなら何でもお任せできる印象ですから、お客さんも御社を頼りに遠方からでも依頼するのでしょうね。鈴木社長ご自身も現場で作業をされるんですか?
 
鈴木 もともと私も職人だったので施工はひと通りできるものの、今はなるべく現場に出ないようにしています。というのも、前職で現場管理を担当していた経験を活かし、各現場の進捗状況を確認して回ったり、お客さんと打ち合わせをしたりするのが私の仕事だと考えているからなんですよ。ベテランの職人が多いので任せても安心していられますからね。それと同時に、若い職人に経験を積ませたい気持ちもあります。
 
水野 なるほど。現場はある程度職人さんたちにお任せして、鈴木社長は管理面やお客さん対応に専念されているのですね。