B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

我慢しない投資と節約で 老後の不安を楽しく解消
合同会社ツラくない節約 代表社員 加藤理

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 内山高志(元ボクシング世界王者)
内山 投資や年金についての講座や、お金に関わるさまざまな個別相談対応を行っている、合同会社ツラくない節約の加藤理(かとう あや)代表。社名からして、安心してファイナンシャルプランの設計をお任せできそうです(笑)。加藤代表は「お金の小学校」というオンライン講座を開催しているほか、講座にリンクした書籍も出版したとうかがいました。
 
加藤 ええ。投資の基本や貯金のコツ、年金の活用方法などを、その名の通り小学生でもわかるように、うまく嚙み砕きながら解説しております。講座を受講してくださった方からは、ありがたいことに「日本一わかりやすかった」というお言葉をいただきました。
 
内山 それはすごい! お金の専門家である加藤代表にはいろいろうかがってみたいと思う方が多いはずです。寄せられる相談にはどのようなものが多いですか?
 
加藤 やはり「老後の資金繰りが不安」とおっしゃる方が多いですね。もちろん一人ひとりの収入やライフスタイル、将来計画は違いますから、今ある資金を投資に回すべきか、それとも支出を抑え節約に努めるべきなのかなど、個人に合わせたマネープランをご提案するよう心がけています。特に近年は漠然とした将来への不安から、“むやみにお金を増やそう”という日本独特の風潮があるように感じます。この思い違いを金融アドバイザーとして、正していきたいんです。資金計画を立て、不足分だけ安全に効率よく増やせば十分なはず。皆様には、危ない投資や行き過ぎた節約を避けて、最も大切な“今”を最優先にして毎日を生きてほしいと願っています。
 
glay-s1top.jpg
内山 お金のことを勉強すると、とにかく資金を増やさないといけないのかと思ってしまいがちです。加藤代表のような立場の方から、そう言っていただけるとホッとしますよ。そういえば加藤代表は“年金のシステムが大好き”だそうですね(笑)。
 
加藤 はい! 国の年金制度にはネガティブな反応が多いものの、仕組みを理解しフル活用すれば、将来もらえる年金は増やすことができるんですよ。これからも年金制度に限らず、物事の良い面を見ることを大事しながら、皆様の人生設計を応援していきたいです。
 
内山 本日は加藤代表のお話をうかがい、投資や節約に対する意識が変わりました。私もお金について、これから真剣に学びたいと思います! 本日はありがとうございました。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
目標さえ決めれば、たどり着く道はいろいろ。その範囲で毎日を、自分の“好き”や“得意”でいっぱいにすることだと思います。
(加藤理)
 

:: 企業情報 ::

合同会社ツラくない節約

ホームページ
https://katoaya.pro

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事