B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

優れた地場産業を再生! ものづくり活性化に貢献
株式会社PESS 代表取締役 中川博文

 
プロフィール 兵庫県出身。大学卒業後、靴製造の専門学校に学び、兵庫県の靴メーカーに就職。同業の奈良県の会社に転職後は中国の製造現場に赴き、靴の企画から製造、日本での流通、販売に至るまでを経験した。2015年に独立し、2020年11月(株)PESSを設立して現在に至る。クラウドファンディングを通じ、国内産のスニーカーやタオルなど、さまざまな商品を世に送り出している。【ホームページ
 
 
 
株式会社PESS(ぺス)の中川博文代表取締役は、靴の製造・輸出入・卸・販売を一手に担うプロフェッショナル。現在は、日本の優れた職人技をプロデュースし、目の肥えた消費者に刺さる商品を、クラウドファンディング経由で世に送り出すことに力を注いでいる。危機に瀕する日本のものづくりの再興に貢献したいと意気込む中川社長に、好評を得たスニーカーや新たに携わった高機能タオルなどについてうかがった。
 
 
 

国産レザースニーカーがクラファンで大好評

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山 兵庫県西宮市に拠点を置く、株式会社PESSさん。初めに御社の事業内容から教えてください。
 
中川 一言でいうと、靴のサプライヤーです。一足の靴を消費者に届けるまで、私が企画から流通、販売に至る全体のプロデュースに当たっています。
 
畑山 日本で目にする靴は、海外製のものが多いですよね。PESSさんの製品の場合は?
 
中川 以前は中国での靴製造にも携わっていたものの、現在は日本で製造しています。弊社の国内製造品は、すべてクラウドファンディングを通じて世に送り出しました。今のクラファンは、資金調達の手段だけにとどまりません。値段でものの価値を判断しない消費者が集まる、一種のマーケットのようになっているんです。
 
畑山 気に入ったら、少々高くても買う人たちに利用されているんですね。
 
中川 はい。クラファンのプラットフォームの1つ、Makuakeで実施したプロジェクトの第1弾は、牛の一枚革でつくったエコレザースニーカーでした。環境や人体に優しいエコレザーを使用し、日本の職人の技が随所に光る一品です。コストも手間もかさむ分、決して安くはないため、一般の流通に乗せて消費者に届けるのが難しい商品です。それでも、おかげさまで目標金額の7倍近い支援をいただくことができました。
 
畑山 7倍とはすごい! 反響が大きければ、次の企画にも弾みがつきますね。