B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

笑顔と喜びを提供する
薬局のテーマパーク

 

ドラッグストアチェーンで業績を上げ独立

 
glay-s1top.jpg
濱中 薬学部を卒業後は、どうなさったんでしょうか。
 
三田 最初は大手ドラッグストアチェーンに入社し、話術に自信があったので、その特技を活かして営業を担当したんです。その結果、当時日本ではあまり知られていなかったルイボスティーを数多く売り上げることができ、次第に複数の新規店舗のオープンにも携わらせていただけるようになりました。社長からも信頼していただいていたものの、自分自身の手腕をもっと試してみたくなり、5年間勤務した後に独立を決意したんです。そして私が30歳のときの1989年に、地元であるこの淡路島に薬局サンダを開業しました。
 
濱中 それでは薬局サンダさんは、もう30年以上も淡路島で親しまれているんですね! それにしても、店内を拝見すると通常の薬局ではあまり見かけないような機器がたくさんありますね。
 
三田 身体の器官や細胞が発する周波数を読み取り、体内の状態を検査するメタトロンという機器や、目の細胞組織や視神経に対してマイクロマッサージを行うフタワソニックという超音波治療器などを用意しています。主に健康診断やさまざまな治療に用いる医療機器で、実際に病院などでも使われているものなんですよ。健康や医療に関して学ぶにつれ、どんどん機械の数が増えていきました(笑)。ここまで多様な機器をそろえている薬局は、珍しいかもしれません。ぜひ濱中さんも、検査を試してみませんか?
 
glay-s1top.jpg
濱中 いいんですか? ぜひお願いしたいです。
 
三田 それでは、メタトロンを用いた検査を行いましょうか。まず身長や体重、年齢といった基本情報を登録し、次に専用のヘッドホンを装着していただきます。これで現在の体内の状態を検査することで、身体にストレスを抱えている箇所などが診断でき、病気の早期発見などにつながる効果が期待できるんですよ。今、ちょうど診断結果が出ました。濱中さんの場合、おおむね健康ではあるものの、ちょっと腰が悪いかな。それと、アルコールの摂取を少し控えたほうが良いかもしれませんね。
 
濱中 確かにお酒はよく飲むので、これから気を付けたいと思います! 現在の身体の様子がわかるからこそ、このように今後注意すべき点などもわかるんですね。これなら、病気を未然に防ぐこともできそうだなあ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事