B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

企業が輝くサポートと
こだわりの車をお届け

 

今も役立っている、広告業で培ったもの

 
glay-s1top.jpg
内山 コミュニケーション事業と自動車事業について詳しく教えてください。
 
島村 コミュニケーション事業では、メディアリレーションや広告制作、PR、マーケティング、ECコンサルティングなどを行い、企業様やブランドをサポートしています。最近では、私のキャリアに魅力を感じていただけた新たな企業様からお声がけをいただき、外部顧問として活動することも多くなりました。
 
内山 コミュニケーション事業では、特にどんなことに気を配っていますか?
 
島村 案件ごとに違いますが、自分たちがご提案する内容が先々ブランドにとってプラスになるのか、スケールするのかを最優先に考えています。また撮影現場などでは特にクライアント様のご様子には、気を配っていますね。何か不快な点はないか、満足いただけているか、さりげなくかつ注意深くうかがい、問題があれば先手先手で動きます。クライアント様とスタッフの間に入って調整する役回りも常に意識していますよ。
 
内山 私も、経営するフィットネスジムではお客様をよく見て、思いにいち早く気付くようにしています。そういった島村代表の姿勢は、独立前の広告業で培われたものでしょうか?
 
島村 その通りです。お客様からお預かりした商品や情報は細心の注意を払って丁寧に扱うというスタンスも、広告業時代から徹底しています。これは車の取り扱いにも言えることですね。
 
内山 それも大事ですよね。クライアントから信頼をいただくことで、次の仕事にもつながりますしね。では、自動車事業の内容についても教えてください。
 
信頼するアートディレクターと制作したこだわりのロゴ。 クリエイティブディレクションも得意な業務の一つ
信頼するアートディレクターと制作したこだわりのロゴ。
クリエイティブディレクションも得意な業務の一つ
島村 自動車事業では、新車・中古車の仕入れや販売、チューニング、メンテナンス、カスタマイズ、ドレスアップなどを手がけています。特に最近は、この予算でこんな車が欲しいというご要望が多いですね。私自身、昔から車好きで輸入車を中心に20台ほどいろいろな車に乗ってきました。その中で、今でも若いときからお世話になっているショップさんで勉強させていただくことも多く、そういった経験も踏まえて、自分の仕事に活かしています。本当に、周りの方々に助けられています。
 
内山 ご自身がお客さん側だったからこそ、「こうしてほしい」という要望やこだわりを隈なく理解できるわけですね。
 
島村 中には車に詳しいクラシックカー好きのお客様もいらっしゃるので、そのような方にご満足いただくためにも、確かな知識と良質な商品の仕入れが欠かせません。日々勉強ですね。
 
内山 中古車だからこそ、新車以上に細かい部分まで確認したい。そんなお客さんの思いに、島村代表はしっかり応えていらっしゃいますね。誠実なお人柄が伝わってきます。
 
島村 ありがとうございます。広告と車の仕事はいわば真逆で、前者はゼロからつくり上げる仕事、後者は既存のものを売る仕事です。広告は無形を有形につなげるツールなので、ニーズに応えて確かなものを完成させる必要があります。そのスキルは、自分が納得できる良質なものを適正価格で提供する中古車販売にも役立っていますね。