B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

新世代総合スポーツ教室
多様な競技経験を可能に

 

複数競技で活躍する二刀流、三刀流の出現を

 
glay-s1top.jpg
駒田 若い時期にいろいろなスポーツに触れるのは大事ですよね。私も本気で頑張った最初のスポーツは水泳です。また陸上部にも入部し、大会に出場して良い記録を出したこともあります。そういう経験を経て、中学から野球を始めたんですよ。プロ野球に入った後も、あるトレーナーの方に体を褒められたことがあり、それも水泳や陸上など、これまでほかのスポーツを一所懸命やったことが生かされたなと、実感しましたね。
 
髙田(圭) さまざまなスポーツ経験を生かしてこられたというのは、まさに当スクールの方針とも通ずるものがあります。私たちの年代だと、子どもの頃は経験者にサッカーだけを教わっていました。それでうまくなる子もいる一方、上達しない子も中にはいて、小・中学生でサッカー自体をやめてしまう子もいたんです。今思えばもっと一人ひとりの可能性を広げられる方法があれば良かったと思いますし、それを自分たちの手で実現したいと考えていますね。
 
駒田 それはすごく共感できます! 私も少年野球の指導を長年勤めていますが、野球だけを教えるとなると、やはりどうしても個々に備わっている身体能力によって差が開いてしまうもの。ですから、クラスティブさんの教室のように多様なスポーツを経験できれば運動のレベルを上げていきやすいと思いますし、自分にあったスポーツに出合えるきっかけにもつながると思いますよ。
 
glay-s1top.jpg
髙田(圭) ありがとうございます。まさに駒田さんのおっしゃるように、バランス良くトレーニングを行えることは当スクールの強みですね! 
 
駒田 ところで、スクール運営では親御さんの理解も重要になってきそうです。私は野球の指導に行くと、必要だと思ったら子どもを叱ることもあるので、後で関係者に「駒田さん、もう少し穏便に」とたしなめられることがありますよ(笑)。
 
髙田(有) 叱れないという風潮が強くなり過ぎるのは心配ですね。このスクールでは、「子どもがより良く成長できるように」を指導のスタンスに、スポーツに真剣に取り組むことで心身のバランスを整え、人間としての成長につなげられたらと考えています。ですから、親御さんにも事前に「褒めるだけ・優しいだけの教育はしません」とお伝えしていますよ。
 
駒田 人として成長できるのは親御さんにとっても喜ばしいはずです。最後に、今後の目標をお聞かせください!
 
髙田(有) 今、大谷翔平選手が投手とバッターの二刀流で話題です。でも私たちは、サッカーやハンドボール、陸上などのすべてのスポーツで活躍できるような、競技の枠を越えた二刀流、三刀流のアスリートを育てていきたいです!
 
髙田(圭) そうなれば、日本のスポーツ全体のレベルアップにもつながるはずですからね。
 
駒田 同感です。あらゆるスポーツのシャンルの垣根を超えた、スポーツそのものの大切さを教えてくれる信念が素晴らしいと感じます。これからオールマイティな若きアスリートが輩出される未来を、私も楽しみにしていますよ!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
生きることを楽しむこと。そこにフォーカスを当てれば人生がより豊かになると思います。
(髙田圭人)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 株式会社クラスティブ
■ 本社 〒252-0231 神奈川県相模原市中央区相模原8-1-4 平岡ビル3F
■ 事業内容 サプリメント・健康食品及び化粧品原料販売/企画開発製造/総合スポーツスクール運営/オウンドメディア運営
■ 設立 平成31年1月
■ ホームページ https://supplement.clastive.com
https://fcl-education.com (FCL)
https://handball.wift.site/ (VIRDSハンドボールアカデミー)
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事