B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

大規模改修塗装は ロックのセッションだ
株式会社オルタナペイント 代表取締役 細谷晃人

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 名高達男(俳優)
名高 マンションなどの塗装を手がける株式会社オルタナペイントさん。細谷社長のご経歴を教えていただけますか。
 
細谷 僕は子どもの頃から手先が器用で彫金などといった工芸を専攻するつもりでいましたが、美術の大学に進学してからは恩師の影響で、前衛的な表現に夢中になりました。自分の体を石膏でかたどって等身大の自分人形をつくる現代美術の制作を続けました。そして大学院まで進み、修了後は大型テーマパークのスタッフになったんです。アトラクションの特殊塗装を手がけ、リーダーとして勤務しました。
 
名高 細谷社長は表現者と職人という二つの顔をお持ちのようですね。
 
細谷 僕の経験で大きかったのは、テーマパークの後で一般的な住宅塗装を請ける親方についたことですね。僕は人と同じことをするのが嫌いな性格だったのですが、毎日、同じ水準の仕事を繰り返すことの大切さを親方に教わりました。2016年に独立し、現在はマンション・店舗の内外装塗装や大規模修繕など塗装工事全般に幅広く対応しています。また、あえて壁を古く見せるエイジング塗装や壁画の制作も得意です。
 
名高 独自の塗装に喜んでくださるお客さんも多いでしょう!
 
細谷 はい。以前自分にとっても痛快な現場がありました。あるマンションの塗り替え中に私はふと黒猫を描いたんです。真っ白い壁に描かれた黒猫を施主様は気に入ってくださり、さまざまなデザインの猫を配置してフランス語の詩も添えてほしいとの要望にも応え、おもしろい仕上がりになりました。このように、デザインの分野までこちらから提案できるのは弊社の特徴でしょう。
 
名高 遊び心に満ちた細谷社長の塗装は、どのような職人さんが支えているのでしょう。
 
glay-s1top.jpg
細谷 職人8名で稼働していて、僕の趣味であるバンド活動を通じて知り合ったバンドマンも多く在籍しています。それもあってロックのセッションを演じるような感覚で現場を采配しています。そういった采配がうまくいくと、全員が高いモチベーションで息がピタッと合い、現場が小気味良く収まっていくのです。「この仕事をしていて良かった」と心から思う瞬間ですね。今後も「次の工事も細谷君に頼むよ」とお客様におっしゃっていただくため、コツコツと信用を積み重ね弊社の価値を上げていくつもりです!
 
名高 感動や刺激、そして変化を大事にする細谷社長のお仕事は役者とよく似ていますね。これからもお互いに頑張りましょう!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
仕事は山あり谷ありです。その中で楽しみを見つけるには、どっしりとおおらかに構えることが大切だと思っています。
(細谷晃人)
 

:: 企業情報 ::

株式会社オルタナペイント

〒110-0008 東京都台東区池之端1-1-1-2F

中野営業所
〒165-0024 東京都中野区松が丘2-12-12-301

ホームページ
https://alternapaint.com

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事