B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

独自システムで情報管理 人々の生活を守る社労士
丹羽労務管理事務所 代表 丹羽芳雄

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 鎮西寿々歌(タレント)
鎮西 本日は横浜市にある、丹羽労務管理事務所さんにお邪魔しています。丹羽代表は、社会保険に関するデータをWeb上で管理できる独自システムを構築されたそうですね。社会保険労務士自らシステムをつくってしまうとは、非常に珍しいと思いました。
 
丹羽 実は、私は前職で東証一部上場企業の製造部門にエンジニアとして勤務していたんですよ。まだパソコンがそれほど普及していない、インターネット黎明期の頃からシステム管理や運用などを行い、長らくITに携わってきました。そうして修得した技術とノウハウを活かし、独自にシステムを開発したんです。
 
鎮西 それは驚きました! ご自身がもともとエンジニアでいらしたんですね。
 
丹羽 そうなんです。社労士にとっては、社会保険に関する個人情報の管理や保管が大きな課題でした。Webシステムを使わないアナログな管理方法だと、膨大な量の書類を保管しておかなければなりませんし、情報を手書きで記入するのにも莫大な時間がかかってしまいます。かといって、大手のIT企業が製作した既存のシステムでは、どうしてもプログラミングのしやすさや、ソフトウェア更新のしやすさなどのほうに目が行ってしまい、社労士にとっての使いやすさを考慮していないものが多々あるんですよ。それならいっそ、自分でつくってしまおうと考えたわけなんです。
 
鎮西 社労士としての実務経験と、エンジニアとしてのノウハウどちらも持ち合わせている丹羽代表だからこそ作成できたシステムなんだ!
 
glay-s1top.jpg
丹羽 実務者としての目線で構築したので、使い勝手の良さには自信がありますよ。もちろん現在の法制度に則った構成になっているため、安心してお使いいただけます。
 
鎮西 丹羽代表が製作したシステムは、どんな方がお使いになっているのでしょうか?
 
丹羽 基本的には私どものお取り引き先など、法人のお客様向けに提供しています。また、同業の社労士の方にも導入いただいておりまして、現時点では全国で1500から1600件ほど運用されているんですよ。
 
鎮西 すごい! 全国的に広く使われているんですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事