B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

人と環境に優しい事業を
物流に加え除菌製品販売

 

お世話になった先代の意思と会社を継ぐ

 
さまざまな除菌・洗浄製品を販売している
さまざまな除菌・洗浄製品を販売している
鎮西 運送業をメインに、時代に合わせた新事業もスタートしている状況がよくわかりました。ところで、千葉社長と先代はどういったご関係なのですか?
 
千葉 私は幼少期から先代にとてもお世話になっており、彼が脳内出血で入院した頃から会社を本格的に手伝い始めたんです。実は、最初は軽い気持ちで始めたんですよ。それがだんだんと使命感のような感情に変化していき、昔からのお客様の応援もあり何とかやってこられました。
 
鎮西 大変失礼ですが、千葉社長がおいくつの頃のお話なのでしょう。
 
千葉 26歳くらいですね。当時はバブル経済がはじけた頃で、不安定な社会状況だったと記憶しています。その後2011年に2代目に就任して、2014年に株式会社信成へと商号変更しました。
 
鎮西 お若くして人生の転機を迎えられたのですね。ところで、シャワーヘッドと除菌関連の新事業は、どういったきっかけで始めたのか気になります。
 
千葉 先代は脳内出血の影響で体に障害が残りました。しかしその後も、自らトラックを運転するなどし、会社を守るために獅子奮迅の働きで私たちスタッフに会社の存在意義を教えてくれたんです。私もその意志を引き継ぐべく、歴史と思いが詰まった会社の存続をかけて試行錯誤を重ねていたおりに、たまたま出合ったのが「ミラブルプラス・ウルトラファインミスト」と「ナノソルCC・ナノゾーンコート」なんですよ。
 
鎮西 その2商品に出合うまでは失敗も多かったのでしょうか?
 
千葉 数え切れないくらい苦労しましたよ。でも「この会社は絶対に潰さない」と覚悟を決めて取り組み、この販売事業を形にしたんです。物流事業との共通点は人体と環境に優しい点で、私の生き様みたいなものにもフィットしたので、すぐさま正規販売店の許可を得るために奔走して、昨年の2020年末から本格的に新事業としてスタートさせました。
 
glay-s1top.jpg
鎮西 千葉社長の実行力や「何としても会社を守っていきたい」という情の深さと情熱がよくわかるエピソードです。除菌効果は目に見えないものなので、ご苦労も多かったでしょうね。
 
千葉 そうですね。私自身、最初は半信半疑な気持ちもありました。でも、抗菌作用の検証結果を目の当たりにして本当に驚きまして。こんなに素晴らしい製品であれば、ぜひ私自身の手で広めていきたいと思ったんです!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事