B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

氣功や波動を活かして 学習・健康指導の氣活塾
元氣魂塾 塾長 勢田和稔

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 大阪府岸和田市で学習指導、健康指導をされている元氣魂塾さん。まずは勢田塾長のこれまでの歩みからお聞かせください。
 
勢田 元氣魂塾を開く前は、教諭22年、教頭5年、さらに校長を3校にわたり10年間務めさせていただき、37年間教師生活を送ってきました。教諭時代から健康や氣に興味があり、中国のドクターから医療気功を学ぶなどと、周囲からは変わり者だと言われていましたね(笑)。スジャータめいらくグループの創業者である日比孝吉氏にも波動について教えてもらい、「めいらく波動医科学総合研究所」も訪問しました。
 
狩野 スジャータのCMでおなじみの「めいらく」ですか! めいらくでは波動の研究もしているんですね。
 
勢田 1994年に10億円にのぼる運転資金を投入して研究所を設立しているんです。波動測定器を導入し、社員の健康のチェックや、取引先の依頼で7万品もの商品の波動の測定などで活用されています。商品開発についてもトウモロコシやコーヒー豆などの原材料の波動を測定して質の良い物を選定し、製品化したものも測定器にかけて高品質の商品しか市場に出さないと聞いています。
 
狩野 波動測定器という装置を初めて知りました。そもそも波動というのは測定できるんですか?
 
勢田 はい。個体や液体、この地球もすべての物質は振動しています。それが、波動であり、周波数と言われています。当塾には波動転写機という波動を転写する装置があり、来られた方の波動をベストな状態にすることができます。健康体の周波数は決まっていて、それを調整することで心身の不調の改善や心を安定させる効果が期待でき、さらには子どもの不登校問題等の解消にも活用できます。私自身は、氣のエネルギーで遠隔治療もできるのです。
 
glay-s1top.jpg
狩野 とても興味深いお話です。ところで、勢田塾長は水素の研究もされているのだとか? 
 
勢田 ええ、水素医療研究所で研究協力員としての活動もしています。水素水や水素風呂、直接吸う水素ガスを利用することで健康維持につなげるための研究で、氣功治療の良きサポート役になりますね。
 
狩野 幅広い分野で活躍なさっているんですね。勢田塾長が元氣魂塾を運営していく中で大事にされていることを教えてください。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事