B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

“縁”を起点に急成長 建材から工事までお任せ
S&E株式会社 代表取締役 木下勝

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 大阪市北区に拠点を構えるS&E(エスアンドイー)株式会社さん。サイディング工事や板金工事などを手がけるほか、リフォーム工事や、工務店向けに建築資材などの販売も行っているそうですね。
 
木下 はい。サイディングでは、お取り引きのある日本最大手の建材商社様から仕入れたものを中心に、さまざまな質感や模様の板材を多数ご用意しております。タイル調やレンガ調など、ご自宅の外観に合わせて自由にお選びいただけますよ。法人様向けに販売している資材や工具も、その建材商社様から低価格で仕入れているためリーズナブルにご提供できています。
 
狩野 その大手建材商社さんと良い関係を構築されているんですね。木下社長は、この業界一筋なんですか?
 
木下 いえ、大学卒業後、厨房機械設置などを手がける会社に1年半勤めた後は、いわゆる「ニート」として5年ほど過ごしました。その後、8年ほどまた違う業界に勤めたのち、建築資材メーカーに営業として入社したのがこの業界の第一歩ですね。ただ、そこで4年間勤務してみて、やはり自分に会社員は向いていないなと(笑)。それで独立を決めたものの、当初は業種を明確に決めずに、会社の形だけを先に立ち上げたんです。社名はSlow&Easyの意味で、焦らず気楽に、というメッセージを込めました。たとえ立ち止まることがあっても前向きな気持ちを忘れなければ、道は開けますから。
 
狩野 木下社長がニート経験をお持ちだったとは意外でした。それが今や大手建材商社とお取り引きできるんだからすごいですよ! 社名通り、ご自身の信じた道を歩んできた結果でしょうね。
 
glay-s1top.jpg
木下 同業者様など周囲とのご縁にも恵まれたと思います。特に同時期に起業した建設会社、株式会社トイコスの大島栄社長と出会えたからこそ協力業者様とのネットワークを広げることができました。おかげで近畿だけでなく中部からもご依頼をいただけるようになり、住まいに関わるさまざまな工事に対応できるようになりました。お取り引き先が増えたからこそ、私たちだけでなくお相手も利益を得られるようwin-winの精神でお付き合いをさせていただいています。
 
狩野 目先の利益にとらわれず、周囲を考慮できる広い視野をお持ちなんですね。業界の古い慣習や固定観念に縛られない姿勢が素敵ですよ。野球の世界も同じで、他とは違う自分独自の切り口を考え、努力するからこそ道が開けるものです。今後も木下社長らしく、仕事で花を咲かせてください。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
私には災害ボランティアとして活動した経験もあり、現場では協力的な会社と、残念ながらそうでない会社とが二極化していました。その光景を目の当たりにし、一人でも多くの方の役に立ちたいという思いで、この仕事に取り組んでいます。
(木下勝)
 

:: 企業情報 ::

S&E株式会社

〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西1-3-9

ホームページ
https://www.slow-easy.co.jp

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事