B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

飲食業の要は人との縁!
大阪アメ村で店舗を展開

 

店舗とノウハウの提供で独立も支援

 
151118_k2446_ex01.jpg 取材でうかがったNIKUBAL ROCKUP
取材でうかがったNIKUBAL ROCKUP
八木 まずはGW7sinさんの詳しい事業内容からうかがいましょう。
 
向井 弊社は飲食店舗の運営を軸に、イベント企画事業やインバウンド事業も行っています。イベント企画では食フェスやミュージシャンのゲストを招いた音楽イベント、アーティストによるワークショップなどを手がけていますよ。インバウンドでは、海外で飲食店を出店したい方や海外から日本に移住した方に向けた支援も行っているんです。
 
八木 いずれの事業も飲食業に関わるものですね。それぞれのお店の外装のデザインに特長を感じます。今日お邪魔している「NIKUBAL ROCKUP(ニクバル ロックアップ)」はブルックリン風で素敵です。ほかにも、「UMIYA cafe westpoint(ウミヤカフェ ウェストポイント)」はハワイアンな雰囲気、「UMIYA ROCK club(ウミヤ ロッククラブ)」はザ・アメリカンなウッド調と、それぞれ個性がありますね。
 
向井 店舗デザインにはとことんこだわりました。思い描いた通りの店づくりを行えるのも、提携する内装業者さんのおかげですね。
 
八木 心強いタッグ相手もいらっしゃるわけだ。その点では、向井社長のビルメンテナンス時代の経験も役立っているのではないですか?
 
向井 そうですね。ちょっとした修繕なら自分でできますし、外注時もどこの業者さんに連絡すればいいのかすぐわかるので、いざというときに慌てることはありません。
 
glay-s1top.jpg
八木 建物や設備関連の横のパイプが太いところもGW7sinさんの強みですね。
 
向井 ありがとうございます。ちなみに、5店舗中自社運営は2店舗で、他の3店舗は、設備などのハードとノウハウをはじめとしたソフトは私たちから提供し、経営の細かい部分は店長に一任する業務委託のような形態で運営してもらっています。独立支援も注力している分野でして、そもそも弊社がなぜこのような形態を採用しているかというと、イニシャルコストの問題で飲食店をオープンしたくてもできない人が多いからなんですよ。それなら私たちがハードとソフトを提供し、芽が出るように応援したいと考えています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事