B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

モットーは「楽しく働く」 真心を届ける運送業者
株式会社M&R 代表取締役 小村亮輔

 
プロフィール 兵庫県出身。大手運送会社の宅配ドライバーとして10年以上経験を積む。運送業界に新風を吹き込むために独立し、2020年、(株)M&Rを設立した。「愛、真心、誠意」を信条に、仕事を楽しむことをドライバーと共有しながら、期待以上の感動を届けるサービスを実践している。軽車両1万台以上のネットワークを駆使し、配送エリアは全国を網羅。横浜本社、兵庫支店に続き、大阪支店・名古屋支店の設立を目指し、夫婦二人三脚で日々奮闘中。【ホームページ
 
 
 
副社長を担う妻の真希氏から「面倒見が良すぎるんです」と笑われるのは、軽貨物運送業を展開する株式会社M&R(エムアンドアール)の小村亮輔代表取締役。地味に思われがちな運送業を夢のある楽しい仕事であると知ってもらうため、自らイキイキと仕事に取り組む。現場と営業は小村社長、経理や総務は真希副社長が担当する中、夫婦だからこそ見えること、言えることがあるという。さらなる高みを目指す二人に熱い思いをうかがった。
 
 
 

1万台超の配送網で遠方にも迅速対応

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 水野裕子(タレント)
水野 軽貨物運送を展開するM&Rさんの横浜本社にお邪魔しています。小村社長と、奥様の真希副社長にも同席していただきました。運送業といえばまだまだ「大柄な男性の仕事」というイメージがある中、御社では女性のスタッフさんも活躍されているそうですね。
 
小村(亮) そうなんです。女性の配達員は年々増えていて、モデルやアーティストの仕事とかけ持ちしながら働くスタッフもいます。上は70代の方まで、皆さんとてもパワフルですね。
 
水野 すごい! 時代の変化を感じます。
 
小村(亮) 弊社では小回りが利くバイクや自転車による配送も行っているので、女性も働きやすいと思います。個人様宅への宅配便をはじめ法人様間の企業専属便や、時間・期間限定のスポット便、困ったときの緊急チャーター便など、さまざまなサービスを提供しているんですよ。
 
水野 一口に軽貨物運送といっても、いろいろなサービスがあるんですね。1万台を超えるネットワークがあるともお聞きしています。
 
小村(亮) そのネットワークが、お急ぎ便や遠距離配送を可能にしました。大手運送会社さんから依頼を受け、ネットショッピングの商品を配達することが多いですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事