B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

感謝の言葉が心にしみる
空調工事で社会に貢献!

 

人と人とのつながりを何よりも大切にする

 
glay-s1top.jpg
吉井 20代の若さで独立することに不安はなかったのでしょうか。
 
石川 もちろん不安ばかりでした。会社の看板に頼ることができず、工事に失敗したらどうしようと考えない日はありません。また、この業界には20代の職人がほとんどいないんですよ。年上のベテラン職人から常に「こいつは本当に仕事ができるのか」と見られる怖さ、悔しさは大きいです。でも、私はその気持ちをバネに発奮し、少しずつ結果を積み上げながら自信をつけることができました。
 
吉井 石川代表の向上心がよくわかりますよ。それでは、あらためて石川空調設備さんの業務内容を詳しく教えてください。
 
石川 私は義父の会社と同じように、エアコンや換気扇などの空調設備工事とダクト工事の両方を手がけています。お客様は一般のご家庭もあるものの、ほとんどはビルや店舗のオーナー様です。「エアコンが壊れて営業できない」というご連絡をいただいたらすぐ修理に駆け付けています。また、現在は洗浄のご相談も多いですね。ありがたいことに、石川空調設備の業務は7割が新規のお客様からのご依頼が占めているんですよ。
 
glay-s1top.jpg
吉井 それはすごい! 独立したばかりの会社にどうして新しいお客様が殺到するのか不思議です。
 
石川 実は、偶然にも大学時代の同級生が建設業向けのホームページを制作する会社に勤めていたんです。その友人に独立のことを話したところエアコンの設置を手がける会社を紹介してくれて、さらに、その会社の社長さんから経営者が集まる飲み会に参加するよう声をかけていただき人脈が広がりました。私は人と人とのつながりを何よりも大切にしています。その結果が、現在の成果を生み出すことにつながっているんですよ。
 
吉井 石川代表は、「営業で培ったノウハウが今の仕事に生きている」とおっしゃっていました。それは、人付き合いを大事にすることだったんですね。
 
石川 その通りです。もちろんこの業界は確実に現場を収める技術が最も重要です。でも、その仕事をいただくために欠かせないのがお客様とのつながりなんですよ。私は人の話をよく聞いて新しいご提案をすることや行動力を発揮することなど、営業マン時代に身に付けた姿勢を今の仕事でも十分に発揮しているつもりです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事