B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

地域活性化に貢献する!
石窯ピッツァの移動販売

 

移動販売の強みと弱みを正直に伝えたい

 
地元食材を使った自慢の焼きたてピッツァ
地元食材を使った自慢の焼きたてピッツァ
タージン 本格的な石窯で焼いたピッツァは、大勢の方に喜ばれたことでしょう。
 
薮下 はい、私も「この自慢のピッツァを、もっとたくさんの人に味わってほしい!」という意欲が芽生え、妻を説得して2014年に独立しました。キャンピングカーを改造した独自のキッチンカーに石窯を積み、パチパチという炎の音や焼ける香りも含め、五感で味わえる極上のピッツァをご提供しています。
 
タージン 石窯PIZZA ANTHONYさんは移動販売なので、店舗に縛られずいろいろな場所に行けるところが最大の魅力ですよね。
 
薮下 そうですね。そもそも私が移動販売を始めたのは、地域のつながりを大切にし、地産地消を応援するためでもあるんですよ。ですから野菜や果物をはじめとしたピッツァとジェラートの材料は、そのほとんどが河内長野の農家さんから仕入れたものなんです。薪も自然豊かな河内長野の木材を使用しています。販売先も、商店街や子ども会、お祭りや企業の懇親会など地域密着のイベントを中心にお邪魔していますよ。
 
タージン 薮下代表は、利益のためでなく地域に貢献するために事業を興したわけですね。
 
薮下 はい、私は自分を育ててくれた河内長野に恩返しをするために独立しました。ですからピッツァづくりの体験会など、子どもたちに私と同じ感動を味わってもらうための活動にも取り組んでいます。その延長線上で、昨年2019年に一般社団法人キッチンカーマルシェ協会を立ち上げ代表理事も務めているんです。
 
glay-s1top.jpg
タージン ぜひ、そちらのご活動についても詳しく教えてください!
 
薮下 私がこの仕事を続けて感じたのは、「移動販売は儲かる」というコンサルタントの言葉を鵜呑みにして、安易に開業する人があまりにも多いことでした。移動販売は季節・天候・イベントの人出などに左右されるマイナス面もあるのに、そのような点を教える人がいないため、せっかく事業を始めても失敗する方が大勢いるんです。
 
タージン 利益のことばかり考えるのが移動販売ではありませんよね。
 
薮下 タージンさんのおっしゃる通りです。移動販売の本来の目的は、例えば飲食の販売ならお客様に「おいしい」と言っていただき、笑顔になってもらうこと。その役目を忘れ、利益だけを求める人がやみくもに流行を追い、失敗してしまうことが少なくありません。そこで私は、移動販売で開業する人たちにこの仕事の強みも弱みも正直に伝え、弱みを克服してもらうため一般社団法人キッチンカーマルシェ協会を設立しました。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事