B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

世代間をつなぐ架け橋の
インターネット回線工事

 

苦しい時に支えてくれた人々へ恩返しを

 
glay-s1top.jpg
タージン 先ほどもお話にあったように、この業界は規格や通信仕様がどんどん新しくなり、変化の激しい世界ですよね。そのような最新の情報を得るためにも、アンテナを常に張っておく必要があるのではないですか?
 
福別府 おっしゃるとおりですね。技術の進化や時代の流れにしっかり対応できるように、スタッフや協力会社さんとともに、素早く情報を交換し、共有する必要があると考えています。
 
タージン 社内だけでなく、協力会さんなど、同じ業界内で互いに成長し合っていくわけですね。福別府社長がお仕事をするうえで、大切にしていることもぜひ教えてください。
 
福別府 まず何と言っても安全第一ですね。時には6mもの高所作業を伴うこともありますので、事故を起こさないように特に注意しています。それから個人情報の扱いです。最近はデジタルの資料などでペーパーレス化しているため、書類を紛失してしまうリスクは低いものの、中にはお客様の個人情報に関わることもありますので、どんなに簡単なメモでも決して失わないように徹底しています。そのため、協力業者さんなどに仕事を依頼する際も、心から信頼できる方々にお声がけしているんです。それぞれの技術力や所在地を踏まえ、作業現場に必要な人数を考慮して、担当する現場を振り分けています。
 
タージン 業者さんの手配も行っていらっしゃるんですね。しかも、適材適所で依頼しておられるとは素晴らしい。その際のコツなどはありますか?
 
glay-s1top.jpg
福別府 一日の内に同じエリアの中でいかに効率よく現場を回れるようにするかが、腕の見せ所ですね(笑)。そこを間違ってしまうと業績に直接響いてしまいますし、協力業者さんの仕事も減ってしまいますから、しっかりと吟味します。その中で、忘れてはならないのが、協力してくださる方々へのリスペクトの念です。皆様のお力添えがあるからこそ、弊社は成り立っています。かつて苦しかった時も、たくさんの人に支えてもらいました。ご縁のあるお一人おひとりに、心から感謝しています。
 
タージン 周囲の人々に支えられて、福別府社長の今があると。本当に苦しい時に助けてくれる仲間は、人生の財産ですよね。私も、人とのご縁は何物にも代えがたいものだと思います。
 
福別府 本当にそう思います。お世話になっているすべての方々へ、この事業を通じてご恩返しをしていきたいですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事