B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

長く寄り添う創業支援で
日本の未来を明るくする

 

論理的思考力と鳥の目、そして感謝が大事

 
glay-s1top.jpg
鶴久 現在は副業やテレワークなど、働き方がどんどん多様化していますね。これについて、大内社長はどうお考えでしょう。
 
大内 以前は終身雇用が一般的だったのが、今は何度も転職する人も増えています。また、企業も定年まで面倒を見るという意識は薄れてきていますよね。そんな中、私はもっとフリーランスで活躍する人材が増えればいいと考えているんです。フリーランスなら、優秀な人材を複数の企業、またはプロジェクトで共有することも可能ですからね。そこから起業する方も多いでしょうし、そうなれば日本の税収も上がるでしょう。一方で、フリーランスは福利厚生がなく、社会保障の面で不安があるものの、その点も今後、世の中が変わることで国も新たな方策を立てていくのではないかと思っています。
 
鶴久 フリーで活動している身として、私も勇気づけられます。でも、そこまで見通されているのはさすがだなぁ。お話に非常に説得力がありますよ。
 
大内 ロジカルシンキングと鳥の目を持つことは、普段の業務でも大事にしているんです。クリエイティブな発想を論理的に組み立てていく思考と、組み立てるために全体を俯瞰する目は大切ですからね。
 
鶴久 曲づくりにも共通する考えです。ほかに、大内社長が仕事のうえで大事にしていることはありますか?
 
glay-s1top.jpg
大内 仕事に限らず、感謝は何より大切だと思います。これまでも無償で協力してくださる方や、支えてくださった方が大勢います。また家族や友人、あるいは弊社の採用に応募してくれた方にも感謝しなければなりません。就職という人生の一大決定に、NINJAを選んでくれたわけですからね。私にとってはとてもありがたいことですよ。
 
鶴久 そのような感謝の気持ちを持っているから、周囲に手を差し伸べる人が出てくるし、信頼関係も築けるんだと思います。御社の今後がますます楽しみですね。
 
大内 ありがとうございます。今後は、まずは多くの方にNINJAというサービスを知っていただくことに注力します。そしてゆくゆくは、学生向けのプログラムも展開していきたいですね。就業体験ならぬ“創業体験”や、スタートアップ企業へのインターンシップなどを行い、創業という選択肢があるんだということを学生に示したいです。また、創業した方が海外に向けて情報発信できるような仕組みもつくりたいと考えています。
 
鶴久 さらに若い世代や、国外へも種を蒔くというわけですね。本日は貴重なお話をありがとうございました!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
やりたいと思ったことに向けて試行錯誤していく過程で、さまざまな出会いがあります。その中で新しい自分や、新しい世界を見ることができるのが楽しいですね。
(大内直哉)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 株式会社NINJA
■ 本社 〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-5-14 UH神田
■ 事業内容 創業支援サービス/経理代行/コンサルティング
■ 設立 令和元年10月
■ 従業員数 3名
■ ホームページ https://www.ninjayashiki.com
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事