B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

ワクワクを大事にして
人間力でリフォーム施工

 
 
glay-s1top.jpg
矢部 そのお考えは素晴らしいですね! 一人だった頃と、チームで働く現在を比べてみて、良い結果を出せた時の喜びに違いはありますか?
 
恩田 やっぱり、チームで味わう達成感のほうが何倍も大きいですね。それに、介護向けのリフォームをするようになって、今までより一層お客様からとても感謝されるようになりました。すごくきれいになって良かったとか、この手すりのおかげで楽になったとか、心から喜んでくれているのがわかると、喜びもひとしおです。
 
矢部 そういう反応がダイレクトで聞けると、本当に嬉しいですよね。次の仕事へのやりがいにもつながるでしょうし。
 
glay-s1top.jpg
恩田 そうなんです。みなさんが「ありがとう」と言ってくださると、もっと期待に応えたいと思いますからね。それに、せっかく仕事をするなら、関わる方々と楽しさを分かち合いたいですし、成果を共に喜びたいじゃないですか。だから、一緒に働く従業員も、そしてお客様とも、みんなで笑顔になれれば最高ですね。
 
矢部 芸能界にも同じことが言えます。私たちの業界は、役者さんやタレントさん、一人ひとりが自分の能力や魅力を売っている個人商店の集まりです。だからこそ、お世話になった方への心からのお礼や、常に感謝の気持ちを持つことがすごく大事なんですよ。「自分さえ良ければそれで良い」という態度でいたら、仕事で関わった方々から「またあの人と一緒に仕事をしたい」と思ってもらえないですからね。
 
恩田 私たちも職人としての技術以上に、人に感謝をきちんと伝えられるとか、仲間の考えを理解しようとするとか、そういう“人間力”をもっと鍛えなければいけないなと考えているんです。最近は、建設業界全体が人手不足で、特に若い世代の成り手が少なくなっています。そこで、私たちがそのような努力をすることによって、若い人たちにも「この仕事をしたい」と思ってもらえるようにしていけたら良いですね。
 
矢部 今日、恩田代表のお話をうかがって、すごく共感することばかりでした。今後もお客さんのためはもちろん、若い世代の職人さんを育てていくためにも、ぜひ頑張ってくださいね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
自分がワクワクできるような仕事をすることですね。
(恩田久義)
 

:: 企業情報 ::

株式会社ON

〒350-0811 埼玉県川越市小堤910-29

ホームページ
http://kabuon.pro

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事