B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

とにかくピアノを楽しみ
音楽で心を豊かにする

 

音楽が与える癒しを生徒にも体感してほしい

 
glay-s1top.jpg
水野 すごいチャレンジの連続ですね!
 
片桐 今は決して無理をせず、うまくいかないときはチャンスが巡ってくるのを待つぐらいの気持ちでいます。そのほうが、かえって成果が出せることがわかってきましたからね。
 
水野 やりたいことを一度にやろうとしないで、順番に一つずつかなえていくという片桐代表のお話、とても共感しました。今後は、教室をどのように発展させていきたいとお考えですか?
 
片桐 現在は、主にお子さんとシニア世代の方に向けたピアノのレッスンと、未就学児のリトミックが教室の柱です。これに加えて、近いうちにアカペラのコースを新たにつくりたいと思っています。ピアノは子どもの場合、学年が上がると教科の勉強に忙しくて練習時間を確保しづらくなり、中学生ぐらいで止めてしまうことが多いんです。その点、アカペラなら、初めてでもすぐに歌うことができるし、何より大声を出すと単純に気持ちいいですよね。みんな、日頃の不満やストレスを発散しに来てくれたらと思っています(笑)。
 
水野 練習じゃなくて、発散ですか。おもしろいですね(笑)。
 
glay-s1top.jpg
片桐 宿題の練習をしてこなかったから、先生の前でしょんぼりするような雰囲気は嫌なんです。練習してなくても明るい顔で来てくれたほうが私は嬉しいし、そういう人ほど案外長続きするので、それくらいでいいじゃないかと思っています。私にとって、音楽は“癒し”。楽しいとか、すっきりしたとか、そういう癒しの感覚を音楽は与えてくれます。先ほど心が豊かになる教室にしたいと言ったのはつまり、音楽を体感し、音楽の力によって癒されるということなんです。
 
水野 先生ご自身が音楽によって与えられた癒しを、教室の生徒さんたちにも感じてほしいというお気持ちがよく伝わりました。片桐代表は、育児に追われて自分に自信が持てない時期に大きな心境の変化があり、自らに課していた「あれもしなくちゃ、これもやらなきゃ」という制約を外されました。だからこそ、一気に飛躍することができたのでしょうね。自分の殻を破るのは簡単じゃないけれど、挑むだけの意味はあるんだと、私も励まされたような気がします。どうか、これからも音楽の楽しさを多くの人に伝えてください。応援しています。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
一人ひとりの生徒さんと接する中で、それぞれに合ったアドバイスや指導法を考えることが楽しいですね。生徒さんの心に伝わり、実際に演奏に変化があると嬉しいですし、私も指導者として成長させてもらってるな、と感じます。
(片桐香代)
 
 :: 事業所概要 :: 
  ■ 事業所名 片桐ピアノ・リトミック教室
■ 所在地 〒465-0091 愛知県名古屋市名東区よもぎ台2-313
■ 事業内容 ピアノ教室運営
■ 設立 平成8年1月
■ ホームページ https://katagiri-piano.com/
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事