B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

期待を上回るデザインで 情熱とイメージを形に!
INNOVA creative design lab. 代表 上野達司

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 INNOVA creative design lab.(イノーヴァ クリエイティブ デザイン ラボ)さんは尼崎市に拠点を置き、インダストリアルデザインやグラフィックデザインの企画・開発・デザインをしているそうですね。
 
上野 はい。私は最初に就職した会社で自動車をメインとしたインダストリアルデザインを専門としていました。さらに、転職後はホイールメーカーで企画デザイン・開発に携わったんです。その後、娯楽施設などに置かれているプリントシール機も手がけるようになり、次第に広告やパンフレット、Webデザインの依頼も増えていきました。そうしているうちに、インダストリアルデザインだけでなく、グラフィックデザインを含む幅広いデザインのスキルが身につきました。
 
狩野 そうした経験が今も活かされているんでしょうね。
 
上野 そうですね。以前は工業デザインの世界しか知りませんでしたが、転職などを経て、デザインにもいろいろな世界があるんだなと気付かされました。独立後の現在は、主にアミューズメント業界でゲームの筐体や装飾を請け負っています。その他、ヘルスケア、自動車、アパレル関連や、それに伴う販促物のデザインなども手がけていますよ。
 
狩野 アパレルもですか! 本当に多岐に渡るデザインを請け負っているんだなぁ。
 
上野 業界的に見ても、ここまで幅広く一人で請け負えるデザイナーは珍しいかもしれません。納品までの工程を一人ですべて完結できるので、デザインに統一性を出すことができ、グループで仕事をするときのようなズレが起こりませんから、商品のブランディングに大きく貢献できると思います。
 
glay-s1top.jpg
狩野 なるほど。多くの人が関われば関わるほど、細部にズレが生じる可能性が高まりますからね。上野代表にお任せすれば、商品の特徴を明確に打ち出せそうだ。デザインをするにあたっては、いろいろな工夫をされているんでしょうね。
 
上野 そうですね。プリントシール機をデザインしていた頃は、今でいうインフルエンサーの女の子たちを集めて企画活動やプロモーションもしていました。また、プリントシール機の技術を使った新規ビジネスを展開できないかと考え、新しい事業の可能性を模索したこともありますよ。さらに、別事業ではエンドユーザーに向けて全国のショッピングモールの店舗でのプロモーションに携わったこともあるんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事