B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

客を唸らせる美味の数々 和洋折衷の創作で20年
活魚創作料理 無法松 代表 渡邉俊一

 
プロフィール 埼玉県出身。東京、三重、長野などで和食を一筋に修業。東京の飲食店で料理長をしていたとき、旧友から声をかけられたことを機に、大阪府八尾市の「活魚創作料理 無法松」で3年間働いた。前オーナーがフランス料理出身だったことから、洋食も一から勉強し、和洋折衷の真髄を習得。その後、大東市の店舗で2年間店長を勤め、前オーナーから店を引き継ぐ形で2011年に独立を果たした。【ホームページ
 
 
 
料理人の本当の優しさは、厳しさの中にしか宿らない。そう語るのは、「活魚創作料理 無法松」の渡邉俊一代表だ。“食の都”と称される大阪で店を繁盛させ、顧客を満足させ続けている料理人の言葉には説得力が宿っている。高級店に負けない料理の味と店構えで勝負を挑んでいる渡邉代表は、修業中のスタッフを一人前にする“人づくり”にも精を出す。勢い衰えぬ飲食店「無法松」の人気の秘密に迫った。
 
 
 
先代から引き継いだ店を一新
 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 大阪府大東市赤井にある和食居酒屋店、活魚創作料理 無法松さんは、毎週月曜の定休日以外はランチとディナーでフル稼働しているそうですね。外観は高級感があふれ、店内は開放的でモダンな空間が広がっています。JR学研都市線の住道駅前という立地も魅力的です。店内の雰囲気からすると、オープンして間もないのでしょうか?
 
渡邉 いいえ、昨年2018年にリフォームしたばかりなんですよ。2018年10月で独立して8年目に入ったので、末広がりの「8」を意識し、もう一度奮起する気持ちでリニューアルに踏み切ったんです。
 
八木 なるほど。素敵なお店ですね。渡邉代表は、独立までどのような道を歩まれたのですか?
 
渡邉 私は長野県のホテルや東京の飲食店などで和食の修業をしてきました。そして2006年頃、長野のホテル勤務時代の職場の友人から「大阪の飲食店で働く気がないか」と声をかけてもらったんです。大阪の独特な文化に興味もあったので、最初は軽い気持ちで引き受けました。
 
八木 東京から大阪への転職は思い切りましたね。ところで、ユニークな店名の由来が気になります。
 
渡邉 前オーナーが店名を決める際に専門家に相談し「無法松」にすれば繁盛間違いないと言われたそうです(笑)。
 
八木 それはおもしろい。「無法松」の店名は先代から引き継いだものだったんですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事