B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

プロコーチが運営する 最新鋭のゴルフスクール
KUROMIYA Golf Academy 代表 黒宮幹仁

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 水野裕子(タレント)
水野 昨年2018年3月にゴルフスクール、KUROMIYA Golf Academy(クロミヤゴルフアカデミー)をオープンした黒宮代表は、ゴルフのプロコーチでもあるそうですね。いつ頃からゴルフを始めたのですか?
 
黒宮 小学校4年生からゴルフを始め、プロゴルファーの石川遼選手や松山英樹選手とも一緒に切磋琢磨していました。ただ、当時は精神的な原因でスポーツの動作に支障が出るイップスに悩まされまして。周囲の方々からコーチになってほしいという要望があったこともあり、コーチ業を手がけるようになったんです。
 
水野 プロ選手に近いところでずっとプレーされてきたんですね。今はプロツアーにも帯同されることがあるとか。
 
黒宮 はい、男子・女子両方のプロツアーに帯同し、さらにシーズンオフのときには合宿にも参加しています。大学のゴルフ部のコーチも兼任しており、そこの合宿もあるため、私自身はなかなか家に帰れない日々ですね(笑)。
 
水野 黒宮代表が、どれだけお仕事が好きなのか伝わってきます。アカデミーには、どういった特長がありますか?
 
黒宮 フライトスコープという、弾道を測定する最新の機器を導入している点です。プロ・アマチュアを問わず、上達するには現状や結果を可視化して理解することが大切ですから、最新の機材を入れたかったんです。また、私がいないときに運営を任せられる坂井というコーチがおります。基本的に、一般の方への指導は坂井に任せていますね。彼のような優秀なコーチがいることも特長の一つです。
 
水野 素晴らしい仲間に恵まれたようですね。では、黒宮代表が指導されるうえで心がけていることはありますか?
 
glay-s1top.jpg
黒宮 アマチュアの方の場合は、その場でいかに楽しめるかを大切に、プロの方の場合はいかに実力を伸ばしていくかを大切にしています。特にプロのツアー中は、精神的なケアがとても重要なんです。選手の状況を見て、距離感を大切にするようにしています。
 
水野 ご自身がゴルファーだったからわかることもあるでしょうし、イップスに悩まされていた経験も、指導するうえで強みになっているんでしょうね。
 
黒宮 ありがとうございます。選手たちはみんな優秀で、私が目標として設定したことをはるかに上回ってくれているので嬉しいですね。
 
水野 黒宮代表は穏やかな人柄で、選手たちも話しやすそうです。今後も若い世代をどんどん育てていってくれることに期待しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
自分が真剣に取り組んだ分、選手たちが上達してくれることです。この仕事をしていて良かったと感じますよ。
(黒宮幹仁)
 

:: 事業所情報 ::

KUROMIYA Golf Academy

〒471-0819 愛知県豊田市宮前町1-29-1 トヨタセントラルゴルフ練習場内

ホームページ
http://www.96golf-academy.com