B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

“予防皮膚”の確立へ
つなぐステークホルダー

 

自力で継続できる仕組みづくりに注力

 
glay-s1top.jpg
八木 それでは、肌こねくとさんの事業内容について詳しく教えてください。
 
杉浦 まずは事業として、病院やクリニック、調剤薬局などで取り扱う医療機関向け化粧品のマーケティングに対するコンサルティングを手がけています。主に化粧品を製造販売する企業を対象とし、化粧品ビジネスに対する販売戦略上の課題の抽出および解決、ビジネスモデルの構築、担当者のOJTなど、実践を含めたアドバイスや研修を行っています。
 
八木 杉浦代表ならではのコンサルティングの特長は何でしょうか?
 
杉浦 仕組みづくりから、実行体制づくりにまで注力することですね。コンサルティングとは、価値を提供し利益に変えてもらうための仕組みづくりだと思います。ただ、その仕組みが机上の空論だと意味がありません。ですから、現場での実践的なアドバイスを行い、やがて私が介在しなくても、販売の仕組みが継続できるように整えることを第一に取り組んでいます。
 
八木 なるほど。ゆくゆくは杉浦代表のお手を借りずとも、自分たちだけで実行できる体制をつくるわけですね。
 
杉浦 ええ。私がずっと関わるのは難しいでしょう。とは言え、コンサルティングを終えたあとでも、問題が発生した場合は迅速にサポートいたしますよ。時代の変化も早いですからね。
 
八木 自立できる仕組みづくりだけでなく、何かあればアフターフォローもしてくれるとなると、コンサルティングを受ける側も安心ですね。ほかに、セミナー事業も行っているとお聞きしました。こちらについてもお聞かせください。
 
glay-s1top.jpg
杉浦 セミナーは主に生活者を対象としています。肌でお悩みの方向けに、正しい肌トラブルとの付き合い方や、スキンケアなどの生活習慣に対する説明や相談を行っています。
 
八木 肌トラブルに関しては、誤った知識を持ってしまいがちだと聞きます。杉浦代表はなぜだとお考えですか?
 
杉浦 最近は情報が多すぎて、何が本当に正しいのか判断できなくなってしまうんだと思います。また、肌トラブルに対しての治療や処方を行う医療機関でも、洗顔方法や日々のお化粧、肌のお手入れなど、日常生活のうえでの細やかなアドバイスまでしてくれるとは限りません。そこで今後は予防皮膚を念頭に置き、企業や生活者だけでなく、医療機関も対象に、新たな化粧品販売や紹介方法の提案を行っていく予定です。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事