B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

軸封装置の摩耗の悩みを
低コストのリペアで解決

 

今後もプロとして形に残る仕事を続ける

 
glay-s1top.jpg
タージン 村上社長はお客さんからだけでなく、業界内からも頼りされている存在なんですね!
 
村上 軸封装置はデリケートな部品でもあり、扱いに慣れていないと簡単に割れてしまうこともあるんですよ。そこで、取り扱い時の注意点や作業する際のポイントなどを教えたりしています。
 
タージン なるほど。村上社長の豊富な経験や数々の実績によって、アドバイザー的な役割も果たされているわけですか! これまでのお話をうかがって、村上社長は専門的な分野の中でも、さらにプロフェッショナルな専門家という感じがしますね。
 
村上 自分の中では当たり前にしてきたことの積み重ねですから、誤解を恐れずに言うなら「こんなことで喜んでいただけるとは」という気持ちですね。しかし、やはり私が持っている専門的な知識や技術を活かして、困っている人の力になれることはとても嬉しいですよ。
 
タージン そんなプロ中のプロとして、お客さんや同業者さんからの期待の大きさや、要求されるクオリティも並大抵ではないと思います。そのうえで、普段から心がけていることはありますか?
 
村上 例えば、趣味や自分の好きなものでも、仕事に役立つことがあればすぐに取り入れるようにしています。私は自動車が好きで、自動車雑誌をよく読むんですよ。その中でメカニカルな記事や図解写真からも仕事のヒントを得たりしていますね。自動車は最先端の技術のかたまりですから、知識のアップデートにもなるんです。
 
タージン 趣味の時間でもアンテナを張り続け、常に新たな情報を収集しているとは素晴らしい!
 
glay-s1top.jpg
村上 それに、自動車の話題ってお客様との雑談でも活かせますからね(笑)。
 
タージン その貪欲な姿勢も、まさしくプロたるゆえんでしょうね(笑)。では、今後の目標ついてもお話しいただけますか?
 
村上 今はまだ目の前のことに一生懸命やるのみです。しかし、ゆくゆくは後世に残せるような大きな仕事をしたいと考えています。やっぱり “ものづくり”って、自分が手がけたものが形となって残せるから、嬉しいじゃないですか。
 
タージン それは同感です! そういう思いって、日々の仕事の大きなモチベーションにもなりますしね。今後もどんなお仕事をされていくのか、私も楽しみです。ぜひ頑張ってください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
自分が好きなことが仕事につながることだと思います。例えば、私は車と音楽が好きなので、音楽を聴いてインスピレーションを受けたり、車雑誌を読んで情報やヒントを得たりして、それが仕事に活かせたときは楽しいですね。
(村上秀実)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 有限会社エムクラフト
■ 本社 〒569-0027 大阪府高槻市天川新町10-10
■ 事業内容 回転機械等の軸封装置の設計・制作・修理/自動化・省力化に伴う機械設計およびコンサルティング業務/工場設備・機械メンテナンス/ポンプ整備・修理・設計
■ 設立 平成8年11月
■ ホームページ http://mcraft-osaka.com