B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

実際に運転する車と道で
ドライビング技術を指導

 

切れる手札の量と質が指導者の資質を決める

 
glay-s1top.jpg
杉田 指導者として、手塚社長は日頃、どんなことを心がけていますか?
 
手塚 引き出しを増やし、常に満タンにしておくことですね。「優しく指導します」というのは、誰にでもできる指導です。むしろ指導者に大切なのは、ミスを許して終わりにするのではなく、別のカードを見せて、あらためて教えてあげること。それでもまだ理解してもらえなければまた別のカードを、それでもまだならまた違うカードを・・・と続けて、理解してもらえるまでカードを切り続けることが肝心なんですよ。
 
杉田 手札の多さ、そしてカードの中身が重要なのは、女優業でも同じです。だから、手塚社長のお話はとても共感できますね。では、実際の指導中に大切にしていることはなんでしょうか?
 
手塚 とにかく真面目に、一生懸命に教えることです。受講者さんは皆、教習所という選択肢がありながら、あえてテニアを選んでくださったわけです。だから、真剣に講習を受けられます。その思いに応えるため、常にいただいた料金以上のものを提供する気持ちでいます。
 
杉田 プロとしての大きな誇りをお持ちなのですね。コミュニケーション面ではいかがでしょう。教習となると、緊張しちゃう人も多そう・・・。
 
glay-s1top.jpg
手塚 教習中の雰囲気は、その受講者さんのタイプを見極めながらつくっていますね。雑談が多いほうがいいのか、ラジオをつけたほうがいいのか、車内の温度管理や休憩を挟むタイミングなど、あらゆる面で、受講者さんが今どんな気持ちでいるのかを考えています。
 
杉田 そういう気配りはとても嬉しいですね。先生には自分から休憩したいと言えない場合もありますし、女性ならお手洗いに行きたいと伝えられない方もいるでしょうし。では最後に、今後の展望についてお聞かせください。
 
手塚 常に志を高く持って、この業界で周囲から一番と認められる存在になりたいですね。また、個人的には高校時代からの夢である、車やバイクに触れられる喫茶店をオープンさせたいです(笑)。
 
杉田 手塚社長と車との恋の最終章ですね(笑)。私も車好きの一人として応援しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
教習中は常に楽しいです。私の説明に対して、皆さん、驚いて新鮮な反応を返してくれますから。満タンにしていた引き出しから出したカードが受講者さんにマッチした瞬間はやりがいを感じますし、嬉しいですよね。
(手塚淳一)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 株式会社テニア
■ 本社 〒241-0024 神奈川県横浜市旭区本村町110-6
■ 事業内容 ペーパードライバー講習・企業安全運転講習/法人運転手の採用支援/各種運転代行業務
■ 設立 平成30年6月
■ 従業員数 9名
■ 主な取引先 株式会社フラワー
■ ホームページ https://www.tenia.co.jp
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事