B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

防水工事で暮らしを守る
住まいのお医者さん

 

阪神間の地域を中心に、防水工事を展開

 
glay-s1top.jpg
タージン 防水工事の仕事経験を積まれて、いつ独立に踏み切ったのでしょう?
 
上崎 2016年に個人事業主となりました。ただ、当時勤めていた会社との関係性もあったので、本格的な独立は今年2021年3月からです。
 
タージン 前の会社との関係を良好に維持しつつ創業5年の節目を迎えられたわけですね。では、対応エリアを教えていただけますか。
 
上崎 豊中市を中心に大阪市や箕面市、尼崎市などの阪神間で事業を展開しています。現在は1人で会社を切り盛りしているので、現地調査やお見積りにも私が出向きます。現場工事なども含めて業務が重なることがあるので、遠方エリアまでなかなか手が届かないところが心苦しいです。
 
タージン それでも地域に密着しながら防水工事に真摯に取り組まれている姿勢が伝わってきますよ。事業内容についても詳しく教えてください。
 
上崎 防水工事は、建物の築年数やタイプによって施工方法が異なります。ポピュラーな「ウレタン防水」は、液体状のウレタン樹脂を複数回塗り、防水層を形成して雨水の浸入を防ぐ工法です。「FRP防水」は、不飽和ポリエステル樹脂に硬化剤を加え、ガラス繊維なども組み合わせることで、継ぎ目のないシームレスな防水層に仕上げる工法です。「水性塗膜防水」は、水性材料のため地球に優しく臭いの問題もない新しい防水材の一つでして、さまざまな建物の屋根やベランダ、屋上にもよく使われています。
 
glay-s1top.jpg
タージン ひと口に防水工事といっても多種多様ですね! 新しい工法も取り入れるなど、時代に合わせた最適な施工を提供してくれるという安心感がありますよ。
 
上崎 さらに、屋根工事も多く手がけています。防水工事は雨漏りきっかけのご相談が多く、屋根に登って原因を探ると、屋根自体の修繕が必要なケースが多々あるんです。瓦の交換なども対応します。ただ、大がかりな工事で大工職人の手が必要になる場合は、信頼の置ける協力会社と連携しながら慎重に進めていきますよ。
 
タージン アシストさんに頼めばワンストップで大工さんも手配してくれるんだ! お客さんにとっては面倒も少なく、至れり尽くせりの大きな強みだと思います。誠実に仕事を続けてきた上崎代表だからこそ、信頼し合える協力会社さんと連携できるのでしょうね。