B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

スペシャルインタビューSPECIAL INTERVIEW

 
舞台作品、映像作品ともにコンスタントに出演されている佐々木さん。仕事におけるモチベーションについてもうかがった。
 
 

何かを達成したことはない

 
劇場に足を運んでくださる方がいたり、出演した舞台やドラマ、映画を観て喜んでくださる方がいたりすることは、大きな励みになっています。それに、僕の演技で笑っていただけたなどの達成感はやりがいにもつながりますね。ただ、僕は出演した作品で心底「達成した」と感じたことはないんですよ。
 
もちろん細かい達成はいくつもあります。でも残念ながら、最終的に100点満点だったと思えたことはありません。満足できる芝居だったか、視聴率はどうだったのか、観客動員数はどうだったのか・・・。達成したいことはいくらでも出てきます。
 
毎回なにかしら課題が残るし、達成したとは思えないからこそ、次はそれをできるようにしようと取り組んでいます。だから次の仕事に向かえるし、モチベーションにもつながるのかもしれません。
 
 
※4月8日、新型コロナウイルスの影響で全公演中止が決定
(インタビュー・文 中野夢菜/写真 Nori/ヘアメイク 白石義人/スタイリスト 勝見宜人(KoaHole))
ジャケット7万8000円、シャツ3万8000円、パンツ3万6000円
T-MICHAEL / UNIT&GUEST
TEL 03-5725-1160
靴はスタイリスト私物
 
 
glay-s1top.jpg
佐々木蔵之介(ささき くらのすけ)
1968年生まれ 京都府出身
 
大学在学中から、劇団「惑星ピスタチオ」で活動。2000年にNHK連続テレビ小説『オードリー』に出演し、脚光を浴びる。その後、テレビドラマや映画、舞台などジャンルを問わず幅広く活躍。2005年には演劇ユニット「Team申」を立ち上げた。5月13日からPARCO劇場にて上演される『佐渡島他吉の生涯』に出演する。
 
佐渡島他吉の生涯(4月8日、新型コロナウイルスの影響で全公演中止が決定)
https://stage.parco.jp/program/sadojimatakichi
 
 
 
(取材:2020年2月)

バックナンバー

最新記事

話題の記事