B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

スペシャルインタビューSPECIAL INTERVIEW

20160201sp_79ex04.jpg
 
どんな実績や経験があろうが関係ない。自分の置かれた立場を理解し、その環境に順応するために何かを学ぼうとする姿勢を持つ――。そうした謙虚さが必要なのだとラミレス監督は説く。
 
 

目標は80勝、日本一!

 
 うまくいかないことを環境のせいにしてはダメです。失敗なんて誰もがするものでしょう? 大事なのは失敗に対してどうアプローチするか。何か失敗を犯してしまった時に、「今日のあの行動はダメだった」と後々まで引きずってしまうのはよくありません。反省はしつつも、失敗したことを別の角度から眺めると、前に進むヒントが得られるものです。
 
 やってしまった失敗は取り返せない。OKだ。では、自分には何が足りなかったのだろうか? この経験からどんなことを学べるのだろうか? そしてそれを今後にどうつなげていけばいいのだろうか――そうやって考えるんです。犯したミスをなかったことにはできません。だから一歩下がってその出来事を俯瞰的に振り返り、どうしてその失敗が起きたのか、何が原因だったのかを分析する。その繰り返しが自分を成長させ、次のチャンスを逃さないための貴重な準備となるのです。私自身が2000本安打を達成できたのは、こうしたことを繰り返し、成長し続けるための準備を怠らなかったから。あとは笑顔と、ちょっとしたユーモアを忘れなかったことですね(笑)。
 
 まだ開幕前ですけど、開幕後も選手としっかりと対話を重ね、そのうえでチームとして勝っていきたい。勝ち続けたいです。常に横浜スタジアムを満員にして、たくさんのファンの皆さんに喜んでいただくことを望んでいます。ファンの皆さんはいつも私たちをサポートしてくれる存在。そんな彼らに報いるためにも、彼らが待ち望んでいる結果を出すことで喜んでいただきたいと思っています。
 
 昨シーズンは首位に立った時期もあったものの、残念ながら最終的には最下位に終わってしまいました。また、ここ10年間の年間順位も常にBクラスが続いている。そうした状況から脱するには、チームに今までにない新しさをもたらす必要があるはず。私の指導がそのきっかけになればいいですね。
 
 目標は80勝です。つまり、リーグ優勝! そして、日本一を目指します。その目標に向けて、私はチームが勝てると信じているし、ファンの皆さんにもベイスターズが勝てると信じてもらいたい。ベストを尽くしますので、期待していてください!
 
(インタビュー・文 佐藤学 /写真 Nori)
 
 
 
20160201sp_79ex05.png
アレックス・ラミレス(あれっくす らみれす)
1974年生まれ ベネズエラ出身
 

メジャーリーグを経て2001年に来日し、ヤクルトスワローズに入団。2003年に本塁打王と打点王に輝いた。2008年に読売ジャイアンツに移籍。2年連続でセ・リーグ最優秀選手(MVP)に選出され、2010年には本塁打と打点で2度目の2冠を獲得した。2012年に横浜DeNAベイスターズに入団。2013年に外国人選手初となる2000本安打を達成する。2014年、独立リーグの群馬ダイヤモンドペガサスに入団し、コーチ兼任でプレー。同年に現役を引退して2015年からシニアディレクターに昇格。さらにシーズン中にオリックス・バファローズの巡回アドバイザーを務め、評価を高めた。同年10月から横浜DeNAベイスターズの監督に就任している。現役時代は様々なパフォーマンスを披露し、ラミちゃんの愛称で愛された。

横浜DeNAベイスターズ公式サイト
http://www.baystars.co.jp
ツイッター
https://twitter.com/ramichan3

 
(取材:2015年12月)
 
 
 
 

スペシャルインタビュー ランキング

バックナンバー

最新記事

話題の記事