B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

スペシャルインタビューSPECIAL INTERVIEW

20150201sp_68ex05.jpg
 
 
馬術やフェンシングなど競技者が少ないスポーツでも、「とにかく必死に勉強して知識を増やした」と語る草野さん。与えられた仕事で手を抜くことはなかった。
 
 

些細な仕事にこそ全力を尽くす

 
 競技人口の少ないスポーツの競技者の皆さんにとっては、テレビ中継されるほどの晴れ舞台は年に数えるほどしかなく、その大会に向けて全ての人たちが真剣に努力をしています。そうした方々の晴れ舞台を放送する立場として、いい加減な放送はできません。人間のやるべき仕事には大きな仕事、さほどでもない仕事といろいろありますが、規模の大きい重要な仕事だけに100%の力を注いでいればいいかというと、そうではないと思います。むしろ些細な仕事にこそ、全力で取り組むべきです。そうでないと、いざ本当に大きな仕事に向かう時、全ての能力を発揮できないものだからです。
 
 私は、与えられた受け身の仕事であってもとにかくベストを尽くして取り組んできました。その積み重ねが、後に自分がやりたいと思っていた大きな仕事で実力を発揮するために、必要なことだったのです。地方局を回りながらスポーツ報道の分野で、ある程度の評価を得て東京に戻ってくる10年の間に、そうしたことを学べたのは今でも大きな財産になっています。
 
 同時にわかったことは、どんな地味な仕事でも一生懸命に取り組んでいれば、必ずその頑張りを誰かが見てくれていて、評価してくれるということです。東京に戻った私はテニスやゴルフなど、話題性のあるスポーツ実況をたくさん任せてもらえました。きちんと仕事をしていれば、目をかけてくれている人がきっといるものなのです。だからこそ、辛抱しながら頑張り続けることが大事だと思います。
 
 
受け身ではなく能動的に仕事をしたい――。草野さんがNHKを離れてフリーになったのもその思いからだった。NHKのアナウンス部の仕事はナレーションや司会など、発注があった仕事を受けるものが中心。自ら企画を立てて番組制作に関わることがないのだそうだ。そうした局の体質に失望した草野さんは、フリーになる決意をする。
 
 

フリーになって報道の本質を知る

 
 フリーになって本当に良かったと思います。NHKではわからなかった報道の本質に気付けましたからね。民放の番組は常に視聴率が念頭にありますから、視聴者のための番組づくりをしなければならない。そう、放送は視聴者のためにあるのです。わかりにくいものは噛み砕いてわかりやすく、明るい話題であれば、より一層楽しく伝わるような工夫をする。
 
 フリーに転向した数年後に司会を務めた報道番組『THEワイド』では、視聴者がほしいと思う情報を届けるためには「地道な取材を厭わない」という姿勢で制作に取り組みました。その姿勢が功を奏し、同番組は長年にわたり高視聴率を得る人気番組に成長していったのです。
 
 『THEワイド』がどんな情報番組にも負けなかったのは、「オウム報道」でした。1994年、オウム真理教が長野県松本市で起こした松本サリン事件の後、多くの番組があの事件を扱っていましたが、その情報には隔靴掻痒の感がありました。あの事件の異常性は、戦場でも使用が禁止されている毒ガス兵器が市民生活の場で使われたところにあります。最初に疑われていた一般市民の方がつくりだせるような代物ではなかったのです。
 
 だから、「きちんとした専門家に分析・検証してもらわねば、真相にはたどり着けない」と我々は考え、生物化学兵器の権威で軍事兵器の専門家をアメリカから招きました。その結果、松本サリン事件、それに続く1995年の地下鉄サリン事件を引き起こしたのがオウム真理教であることを立証する報道ができました。それは、視聴者の目線に立った報道の本質を追求したからこそ、実現できたことだったのです。
 

 私の目標は生涯現役でいること。スポーツの分野で活躍した往年のスーパースターに、現役を引退した今だからこそ話せることや、技術を極めるための真髄は何なのかを紹介する番組をつくりたいです。例えば、テニスのジョン・マッケンロー、ビョルン・ボルグ、イワン・レンドル、ゴルフであれば、ジャック・ニクラスなどにお話を聞いてみたいですね。歳を重ねても受け身にならずにいれば、仕事はいつでも楽しめますよ。あとは身体を鍛えて健康維持をすることも大事ですね(笑)。

 
 
 
(インタビュー・文 佐藤学 /写真 Nori/スタイリスト 北川仁子/ヘアメイク 田中潔 城島琴)
衣装協力:AOKI
 
 
 
草野仁(くさの ひとし)
 
1944年2月、満州・新京生まれ。長崎県島原市育ち。
 
20150201sp_68ex06.png

東京大学卒業後NHKに入社。アナウンサーとしてオリンピックをはじめとする、スポーツの実況中継やニュース番組などのキャスターを務める。

1985年にNHKを退社してフリーに。TBSの『世界ふしぎ発見!』や日本テレビの生放送情報番組『THEワイド』の司会などを務め、活躍の場を広げる。いっぽうでバラエティー番組にも出演し、鍛え抜かれた強靭な肉体を披露することも。

真面目で博識なだけでなく、バラエティーではユーモア溢れる一面も垣間見せ、お茶の間から好評を博している。現在の主な主演番組は『世界ふしぎ発見!』テレビ東京『主治医が見つかる診療所』グリーンチャンネル『草野仁のGate J. +(プラス)』など。

 
 
 
 (取材:2015年1月)
 
 
 
 

スペシャルインタビュー ランキング

バックナンバー

最新記事

話題の記事