B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

顧客本位の引越会社
脱運送業のサービス追求

 

自分たちが築いた文化を新しい世代へ

 
glay-s1top.jpg
 素晴らしいです。これぞ提案型の引っ越しサービス! 「拭かない・巻かない・話さない」とは正反対だ。
 
松本 仕分け・荷づくりに2ヶ月がかりというケースもありましたよ。同じ家に30年住んでいたお年寄りのお客様で、大量の物を新居に丸々運ぶと後が大変ですので、「せっかくの機会だから、少しコストはかかりますが領収書1枚分まで仕分けし、整理してから必要なものだけ持って行きましょう」と提案したんです。結局、処分品だけで大型トラック2台分ありました。
 
 すごいなぁ。マニアと言っておきながら、今どきそこまでしてくれる引っ越し会社があるとは知りませんでした。もっと早く御社を知っていれば良かったです(笑)。
 
松本 僭越ながら、そこまでするのがIPUプライドに適うサービスだと思っています。
 
 それだけのサービスを維持していくには、優れた人員の確保も重要でしょう。引越のスキルはもちろん、先ほどの“IPUプライド”を体で理解しているような人じゃないと。
 
glay-s1top.jpg
松本 その点は常に課題ですね。そろそろ自分たちの文化を次の世代につなげていくことも考えていきたいので。やはり、こういう仕事は人材が全てなんですよ。引越会社は運送業ではなくサービス業。扱いが難しいものを搬出・搬入できるのは基礎の部分で、お客様がどういったものを望んでいるのかを形にできるのが本当のプロだと考えています。また現場スタッフだけでなく社内スタッフの受け付けの仕方、配車の組み方、営業の仕方など、基礎の上に積まなければいけない知識や経験がたくさん。一人前になるまで最低5年はかかります。しかし、プロだけの少数精鋭が当社の看板ですから、そこは妥協できません。
 
 サッカーと同じで、全員が1つの目的に向かっていないとチームは強くなれないですから、新しいプロを育てるのは苦労を伴いますね。松本社長の話をうかがって、引越サービスのイメージががらりと変わりました。IPUの姿勢が業界全体に波及していくことを期待します。
 
松本 ありがとうございます。この仕事をしていて一番嬉しいのは、お客様が他の業者に浮気して、また戻ってきてくれたときです(笑)。「やっぱりこっちがいいよ」という本音の評価ですからね。会社の理念にも「1件1リピーター」を目指すと謳っていますので、何度でも選んでいただける、お客様本位のサービスをこれからも続けていくつもりです。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
楽しくない仕事はありません。働けるだけで、幸せなことですから。一度きりの人生の中で、1人でも多くの方のお役に立てるように精進したいですね。
(松本史考)
 
 :: 会社概要 :: 
   ■ 社名 IPUコーポレーション株式会社
 ■ 本社 〒183-0026 東京都府中市南町6-36-3
 ■ 事業内容 引越および引越に伴う電気工事・重機移動・ペット輸送・家財預かりサービス/ハウスクリーニング事業/バイク輸送/不動産紹介業/リサイクル事業
 ■ 設立 平成20年10月
 ■ 従業員数 18名
 ■ 主な取引先 都内約200社の賃貸・売買不動産会社およびハウスメーカー各社
 ■ ホームページ http://ipu-corp.com
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事