B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

共に考える保険選びで
業界の在り方を刷新する

 

保険を「選ばず」に購入する人が多い

 
150506_k2211_d01.jpg
矢部(貴) 住宅は目に見える商品なので、自分のライフスタイルや価値観に合ったものを買い手が選びますよね。しかし保険の場合、目に見えにくい商品ということもあり、自分から商品を選ぶという人は多くありません。そもそも、保険に入る理由をお客様に聞くと「みんな入っているから」とか「なんとなく不安だから」といった答えが返ってきます。明確な目的を持って保険に加入する人は少ないと言っていいでしょう。
 
矢部(美) 明確な目的もないのに購入している、つまり売り手側主導というわけですね。
 
矢部(貴) はい。こういった場合、営業員は「この保険は良い」と自分の価値観を押しつける営業スタイルで商品を勧めることもできるんです。その結果、保障内容も充分に把握しないまま契約されている方も多いのではないでしょうか。
 
矢部(美) でも、営業の方が勧めるのだから、良い商品には間違いないのでしょう?
 
矢部(貴) そこなんです! 営業員にとっては良い商品かもしれませんが、保険に加入される方にとってそれが必ずしも良い商品であるとは限りません。誰にでも万能な保険があるわけではないので、自分の価値観やライフスタイルに合った保険を選び「保険をつくる」必要があるんです。保険は難しくて選べないと思われがちですが、基本的なことがわかると保険を選ぶことができるようになるんです。
 
矢部(美) んー、本当にそうかしら・・・。保険って商品の種類が多いし、約款は小さな文字でびっしりと書かれていて、あれを読んだところで理解できるとは思えないです・・・。
 
150506_k2211_ex01.jpg
事務所はTSPネット社内にあり広々。キッズスペースも完備
矢部(貴) 仮に矢部さんが営業員の説明を受けたうえで難しいと感じたのなら、それは営業員の説明が良くないからです。当社では保険の基本的なことをわかりやすく図や絵に表し、お客様に説明するようにしています。ちなみに、生命保険は大別すると3種類しかないんですよ。
 
矢部(美) 嘘でしょ!? いろんな会社からたくさんの商品が出ていますよ。
 
矢部(貴) 基本は定期保険・養老保険・終身保険だけです。この3つを組み合わせていろいろな商品がつくられているんです。
 
矢部(美) それぞれの商品の特徴を教えていただけますか。耳にしたことはあってもどんな違いがあるのかわからなくて・・・。 
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事