B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

最適化社会をサーブする
放置・廃棄自転車回収業

 
 

循環型=最適化社会を導くために

 
101201_k0310_g03.jpg
石野 お客さんだって、気持ちを入れて仕事をしている業者に頼みたいですものね。認められて良かったと思いますし、だからこそ依頼が増えてるんですね。
 
吉田 さらに、盗難届けの照合調査ができる認可も取得して、盗難車かどうかをその場でチェックできるのも当社の強みです。この認可を取得していると、お客様が面倒な確認手続きをしなくて済むんですよ。
 
石野 顧客にも気配りされていて、そのあたりが「気持ちが入っている」わけですね。
 
吉田 料理にたとえてみましょうか。腕のいい料理人は素材を活かすのがうまいわけです。私たちが回収するのは単なる廃棄物ではなく、手を加えればいくらでも蘇る最高の素材です。自転車は回収したら一時保管して、ニーズに応じてマウンテンバイクやママチャリなどタイプ別の素材としてお客様に提供するわけですが、中には“昭和レトロ”な豆腐屋さんや紙芝居屋さんの貴重な自転車まで眠っていて、個人的に感動しながら仕分けしています。
 
101201_k0310_d02.jpg
石野 そんなふうに考えると、自転車回収のお仕事が楽しくなりますね。
 
吉田 時代は「リデュース・リユース・リサイクル(Reduce・Reuse・Recycle)」 の方向に向かっていて、私たちのビジネスには追い風です。真の循環型社会は地球規模での協力関係でもたらされるのではないでしょうか。施設内に廃棄自転車があふれたら無料で引き取って施設内の美化活動に協力し、「きれいになった。ありがとう」と喜んでもらえる。日本では乗れなくなった自転車があれば発展途上国で乗ってもらう。そうやってお互いを活かし合ってこそ一つの味にまとまるんだと思います。お客様に笑顔で喜んでもらいたいのは料理も回収業も同じですよ(笑)。
 KCTはこれからも、人と人との絆を大切に、循環型最適化社会にふさわしいサービスを提供していきます。応援してください。 
 
 
 
 :: 会社概要 :: 
   ■ 社名 株式会社 KCT
 ■ 所在地 (本社)〒343-0851 埼玉県越谷市七左町2-88
(保管場所)〒343-0855 埼玉県越谷市西新井1297
 ■ 事業内容 放置・廃棄自転車・オートバイ回収業・産業廃棄物収集運搬業
 ■ 設立 平成20年 6月
 ■ 従業員数 7名
 ■ URL http://www.kct3.com
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事